勉強

【教え方】子供に時計を正しく読ませるにはこうすべき!

子供に時計の見方を教える時、どう教えていいかのか悩む親御さんは多いと思います。

特に小学校受験を考えている親御さんならば、小学校に上がるまでに教えておきたいと思うものでしょう。

実際、就学前に時計の見方を覚えるメリットがあるんです!

それは数字を早く理解できることです。そして自然に足し算と引き算の基礎ができているということです。

就学前に時計を読めるようになった子供は将来に渡って理数系が強くなるという統計が出ています。小学校受験をする私立は算数に重点を置いている学校が多いです。たかが時計と考えずに、時計を見る知識をまずはつけてあげてください。

 

ということで、今回は子供に時計の見方をどう理解させればいいのか考えてみました。

実際に教えてみた方法もかなり具体的に記載していますので、これを読めば、きっとあなたのお悩みも解決します!

 

そもそもの知識のおさらい

人にものを教えるためには、教える側が3倍のことを知っていないといけないというのはご存知でしょうか。

子供に教えるときも同じです。別にすべてを教える必要はないですが、知っておいて損はないので、以下一読して確認しておきましょう。

時刻と時間の違い

地域差がありますが、お子さんが小学校に上がると、概ね2年生頃に時刻と時間を覚える勉強があります。ここで時刻と時間の違いをまず勉強します。

私達大人はまとめて「時間」と言ってしまいますが、厳密に言うと、時刻と時間は概念がまったく異なります。まずはそれを親がしっかり理解しておくことが必要です。

時刻とは

時刻とは、12時や12時30分など、明確に何時何分何秒を指ものです。

私達はよく待ち合わせの時刻を決める時に「待ち合わせの時間はどうする?」と言いますが、あれは厳密にいうと間違いです。

正確には「待ち合わせの時刻はどうする?」と言わなければならないのです。

時間とは

時間とは、何時間後或いはあと何分など、時刻に至るまでの経緯を表します。

時計を見た時に11時30分だったとします。いつも12時ちょうどに昼食をたべているのなら、30分後が昼食の時刻になります。時間とは、その間の30分を表す言葉なのです。

なぜ時刻と時間の学習をなぜ小学2年生に定めているか?

時刻と時間の違いを理解できた親御さんは、こんな簡単なことをなぜ文部科学省は小学校2年生で勉強することにしているのかと思うでしょう。もっと早くてもいいのではないかと。

ですが、それにはちゃんとした理由があります。時計を理解するには、まず数字を読めなければなりませんよね。そして、時刻に至るまでの時間を知るには足し算と引き算が必要になってくるからです。

例えば12時を基準とした時に、30分前はと聞かれたら引き算をしなければなりません。また30分後はと聞かれたら足し算をしなければなりません。私達大人が普通にできていることでも、数字も算数も知らないお子さんではわからないのです。

そのため、時刻と時間の概念を本当に理解できるを身につけるには、足し算と引き算の勉強を終えてからが理想とされており、時計の勉強は小学校2年生と定められているのです。

本当に数字と算数の勉強は必要か?

では、小学校に上がる前に教えることは無理なのではないかと思ってしまいがちですが、私はそうは思いません。文部科学省の学習指導要領は、はっきり言ってとても古いものだと私個人は思っています。

日本に『時計』というものが入ってきたのは明治初期。その頃の教育方針をそのまま脈々と受け継いできただけのものではないかと、そう思ってしまうくらい時代遅れなのです。

なぜなら、今はどのご家庭にも時計が壁に掛けられていて、或いはデジタル時計が置かれてあって、時計というものが身近に普通にある時代だからです。

物事に興味を持ち始める幼児期に、すでに子供は時間というものを肌で感じているのです。

ですから、子供が時計に興味を持ち始めたらまだ早いなどと思わずに、しっかり教えてあげてほしいと思います。

時計と生活習慣を関連付けてしまえばとても早く覚えます

以下は実際にとある家庭で子供に時計の読み方を教えた内容をご紹介します。実際に寄稿いただいた方の文章でご紹介いたします。

ここから↓

実際に我が家で実践した時計の見方の教え方を書かせて頂きたいと思います。
特に教材を使って教えたわけではありません。まったく単純なものです。

子供が生まれてから、私はリビングの時計をアナログの壁時計に変えました。目盛りのついたものです。それから普通に朝になれば朝食を作り、正午にはお昼ご飯を、そして夕方になれば晩御飯の用意をしました。

子供が私の行動に一定の法則があることを理解し始めたのが2歳になる少し前くらいの頃でした。もちろんまだ時計の見方などわかるはずもありません。ただ朝、昼、夜の感覚を肌で感じ始めたのです。それは、お腹がすくという人間的な本能からくるものなのかもしれません。

ある日、私はテレビを見ていて区切りが悪く、お昼ご飯の支度を遅くしてしまった事がありました。すると、子供は「お昼ごはん~」とせがんできました。

そこで私は教えるのは今だ!と思い、ご飯を作って食べさせながら「どうしてお昼ごはんが遅いことに気がついたの?」と聞きました。子供は「だって短いのと長いのが上になった時に食べるのにまだだったから」と答えました。たぶん、短いのと長いのは時計の針のことを言っていたのだと思います。

私は「そうだね、ごめんね」と謝ってから「じゃあ晩ご飯は長いのと短いのがどこを向いている時?」と聞きました。すると子供は「長いのが上の時で短いのが下の時」とちゃんと答えられました。時刻をちゃんと理解できていたのです。

私はまず、子供が見ているのは『時計』だということ、そして、あの長いのと短いのは『時計の針』だということを教えました。

そのうえで、これからはご飯の時はお母さんに教えてね、と言いました。
子供というのはなかなかに素直なもので、その日の晩ご飯から教えてくれるようになりました。

我が家では夕食は夫が仕事から帰って来てお風呂に入ってから午後7時に食べるのですが、夫がお風呂に入っている間に料理をします。ですが、その日はわざとしませんでした。すると子供はいつもと違うのが気になるのでしょう。そわそわし始めて、時計と私をちらちら見ています。夫が湯船から出て体を洗うためシャワーを使う音が聞こえ始めたら、とうとう「ママ、晩ご飯作らないの?」と言ってきました。時間もちゃんと理解しているのです。それを確認できてから、時計の見方を次の日から始めました。

 

教え方ステップ1.数字を覚えさせる

時計を見るには、まず数字を覚えてもらわなければなりません。
私は大きな紙を用意して、1から100までの数字を書きました。

1は『いち』、2は『に』と繰り返し教えていきました。1から10まで覚えると「10までくるとまた1に戻るよ、でも戻る時には10を前につけてあげようね」と言って、11「じゅういち」と19まで読んで、20になると、「今度は20をつけて1から読んでいこうね」と、99まで繰り返し伝えました。そうです。暗記です。今の大人達が数字を覚えてきたようにひたすら暗記させるのです。

我が子が数字を覚えきったのは2ヶ月ほどです。子供の吸収力はすごいなと改めて思いました。

数字を覚えると、子供はご飯の時間より少し前になると、12になるよ、7になるよ、と教えてくれるようになったのです。そこまで行って、時計の読み方は数字の後ろに時『じ』をつけるのだと教えました。これは簡単で、すぐに覚えられました。

教え方ステップ2.数字をと大きな時刻を覚えたら次は『分』と『秒』を覚えさせる

秒はとても簡単でした。秒針を指で差して、12から12まで1周する間の60までを声に出して秒針読んでいくだけ。これはすぐに理解しました。

分は、秒針が12から12に戻るまでじっと待ってから『1』、また12から12に戻るまで待ってから『2』と言うと、子供は「遅い~」と言って笑っていましたが、「ほら、12から12に戻ると長い針が(目盛)ひとつ動いてるよね」と教えて、それからひとつずつ進んでいくのが『秒』で、60数えてから『1』になって長い針が動くのが『分』なのだと呼び方を覚えさせました。その違いを理解するまでかなり時間がかかりましたが、それでもなんとか半年ほどで理解してくれました。

教え方ステップ3.時刻を覚えたら時間を教える

時刻を覚えたら、次は時間です。これは少し苦労しました。

「7時に晩ご飯だね、今は6時と50分だから何分後かな?」と教えると指で目盛りを数えて10というのはわかっているのですが、秒と分がごっちゃになって「10秒」と言ったりしました。
数字を覚えるのも時計の見方を覚えるのも基本的に暗記だから仕方ありません。しかも、まだ算数も知りません。引き算がわからないので、目盛りを読んでいくだけのいわば足し算だけです。

繰り返し繰り返し、根気よく教えていくことで子供も覚えていくのですから。

何度間違えても落胆せずに進歩しているのだと信じて諦めないでください。

 

最後に

子供に『時刻』と『時間』を教える時は生活の中で、遊びの時間や食事の時間と関連付けて教えるのが子供にとっても楽しくてよいのではないかと思います。

まずは数字を覚えるところから始めて、大きな時刻(1から12)、1分は60秒と教えて行けば、私達がそうだったようにいつの間にか時計の見方を覚えているものです。

難しく考えないで親御さんも楽しんでお子さんに教えてあげてくださいね。

くもんの知育の時計も安くであったりするので、効率よく教えてあげると子供も嫌がらないかもしれませんね!↓

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA