勉強

【勉強時間の作り方】絶対合格!圧倒的成果を呼び寄せる勉強術!(オールジャンル)

どうせ勉強から逃れられないのであれば、効率よく成果を出したいですよね。

そこで悩みの種になるのが、「忙しくて勉強する時間が取れない」こと。

ここでは、全科目に共通した、上手に勉強時間を作り出す方法についてお伝えしたいと思います。

≪何もしない時間はもったいない!≫

多くの学習者が抱える「時間がない」問題。特に、仕事のできる人ほど多くの仕事を抱えるので忙しくなり、そういう人ほど学習に対する意識も高いので、本当に時間の捻出というのは切実な問題です。

しかし、打ち手はあります。ご自身の生活の中で、何もしていない時間はないでしょうか?例えば通勤電車の中。スマホでゲームをしていたり、漫画アプリで好きな漫画を読んでいたり。車通勤の場合も、カーステレオで好きな音楽を聞いていたり、漫然とラジオを流していたり。他にも、定食屋で何もせず黙々と食べているとか。

こうした時間は、学習時間の確保という観点で見ると非常にもったいない時間でもあります。食事中は少々行儀が悪いですが、コンパクトな参考書を一冊用意しておくのもいいと思います。

身につけたい知識やスキルがある人は、何もしないことになれてはいけません。何もせず、何も考えずに過ごす時間は死んでいるも同然なのです。これが1日10分の差でも、1年間続ければ60時間の差になります。

体さえあれば、時間も場所も問わず勉強できる!

時間に対して「もったいない」という感覚を身につけると、ありとあらゆる時間が勉強の時間に代わります。現代では、スマホやタブレット、携帯音楽プレーヤーなど、勉強に活用できる道具はたくさんそろっています。

例えば電車の中では、スマホの学習アプリ(参考書の付属品だったりします)を利用して暗記に集中する。移動中は耳から情報を入れる。待ち時間があれば、タブレット端末で読書や情報収集などに充てる。自動車で移動中でも、参考書の付属CDなどを使えば耳から情報を入れることは可能です。エンジンを始動して最初の5分で音読、エンジンを切る直前5分で音読、なども可能です。ただし、危険なので渋滞中の学習は控えてくださいね。

さらには、ここまで積極的でなくとも、前日に学習したことを反芻したり、暗記した知識を口頭でアウトプットすることは一定の範囲で可能です。例えば英語の不規則動詞や古典の助動詞などは、口頭でアウトプットするなら、一切のツールがなくても勉強することは可能です。「机がないから勉強できない」とお考えの人は、「体一つでできることはないかな」と発想してみるといいかもしれませんね。

どこでも勉強できる習慣が身につけば、試験当日にも効果を発揮してくれます。雑音の中での学習になれることで、試験中、周囲の雑音が気にならなくなります。その点でも、どこでも勉強できる態勢を作ることは重要です。

≪デジタル機器の活用で、勉強法の選択肢は広がる!≫

デジタル機器の発達で、新しい勉強が可能になる

技術の進歩は目覚ましいものがあります。新しい電子機器の登場により、一言で勉強法といってもバリエーションが一気に増えました。

暗記が必要な知識の習得は紙が便利だと考える人も多いでしょう。しかし最近では、ちょっとした暗記物などもスマホでこなす人が増加中です。音声入力で文字に変換してファイルを保存することができるようになってきたのも大きな要因ですね。特に外出時に勉強するにあたって、紙媒体の優位性はどんどん失われているのが現状です。それに加えて、リスニングやスピーキングの勉強には最先端の電子機器を使う方も増えているはずです。

当然ながら、使い慣れた道具を使うのが一番の勉強法だという人もいるでしょう。それはそれでアリです。ですが、新しいツールを利用することで、今までになかった勉強法が可能になり、勉強の効率を向上することも可能です。特に紙媒体は、情報量が増えるとかさばるので、持ち運びに不便だったりします。この点、デジタル機器は携帯に便利ですね。この利便性も、勉強を継続する上で重要な要素です。

疲れたときこそ、オーディオブックで耳から勉強!

耳からの勉強では、オーディオブック(書籍を朗読したモノ)を利用することをおススメします。本が読みにくい満員電車や運転中も、手ぶらで情報を入れることができます。有料サービスでは、ビジネス書を要約した「ビジネス選書サマリー」なども活用できますね。

勉強とは通常、「自分から積極的に情報をインプットする」ことが求められますが、耳からのインプットは、音声がインプットをサポートしてくれます。集中して聴くのが最も効果的ではありますが、聞き流しでもいいと思います。1つでも情報を入れて記憶することができれば、その時間は価値ある時間です。前日に学習したことの復習であれば、聞き流しでも記憶は復活しますから、忘れないうちに復習することができます。

≪エンタメを「学習素材」にする!≫

○映画や漫画を教材としてどんどん使う!

特に語学の習得について有効なのが、いわゆる「娯楽」とか「エンタメ」と呼ばれるものを教材にすることです。学習者本人は遊びのつもりでも、実は勉強にもなるという一石二鳥な方法です。他にも、テレビゲームの中には言語を選択できるものがありますから、1周目は英語音声・日本語字幕でクリアし、2周目は英語音声・英語字幕、3周目は英語音声・字幕なしでクリアするなど、工夫次第でいくらでも勉強に使うことができる場合があります。

何かを勉強する上で、「遊び」と「勉強」の境界はできるだけ取っ払った方がいいと思います。机の上での勉強ばかりだと疲れることもありますし、それが続くことモチベーション自体が下がってしまいます。遊びの中に勉強の要素を入れると、楽しく学び続けられるのではないでしょうか。

小学生用の本で、基礎をざっくり学ぶ!

語学以外の勉強では、小学生レベルの読み物や参考書も役に立ちます。小学生レベルの本は、重要な事項を厳選し、それらをわかりやすく簡潔にまとめているので、全体像をざっくりつかみたい場合におススメです。

例えば、ヨーロッパの歴史などカタい内容を短期間で学ぼうとしたとき、うっかり大人向けの分厚い書籍に手を出してしまうと大変なことになりますよね。

小学生や中学生レベルの参考書をさっと読み、それに加えて重要人物については伝記などを読んでおけば、全体像はつかめます。そこから必要に応じて専門性の高い情報に触れていくことで理解や興味が深まります。

大人が子供向けの本を読むのはちょっと恥ずかしいと思われる方もいるかもしれませんが、ここは是非、「短時間で必要な情報量をインプットする」ことを重視して実践してみてはいかがでしょう。

≪自分の周囲を勉強に適した環境に改造する!≫

「周囲がうるさいから勉強ができない」は本当か?

よく聞く悩みとして、「周囲がうるさくて勉強できない」というものがあります。しかし、静かでないと勉強できないという時点で「集中しきれていない」ということもできます。そもそも人間の脳は、「多少うるさい程度が最も集中できる」ようにできていることが、最近の脳科学から明らかになっています。

だいたい、試験会場は待ち時間も試験中も、ガサガサうるさいものです。それがエアコンの音だったり他の受験生が鼻をすする音だったり。「静かでないと集中できない」という人は、どのような試験であっても本番で実力を発揮することは難しいでしょう。

先にも書いた通り、勉強は机に向かわなくても可能です。カフェでも公園でも電車の中でもできるのです。だいたい、日常の業務や部活で疲れ切っているのに、帰宅して机に向かうというのは、誰でも嫌なものです。また、天気の良い日に部屋にこもってカリカリ勉強するのも、ずっと続けていると気がめいってしまいますよね。

忙しい合間を縫って難関資格に合格した人たちに「どこで勉強したか」と聞いてみると、たいていの場合は自宅の机以外の場所を答えます。電車とかカフェとかが多数派です。
周囲の雑音が気になって仕方がない人は、「勉強は自宅の机でやるもの」と思い込んでいるから集中できないのかもしれません。「勉強=机」の発想を捨てて、もっと勉強のはかどる空間を探す、見つからないなら作っていきましょう。

どんなに忙しくてもトイレには行く→トイレで勉強もアリ!

どれだけ忙しくても、トイレに行かない日はありませんよね。また、お風呂に一定時間つかる人も多いのではないでしょうか。トイレのドアに覚えておきたい知識や情報の書かれた紙を張っておき、用を足す間にインプットをするとか、工夫次第でトイレも勉強空間に変えられます。

お風呂に使っている時間の長さは、トイレの比ではありません。この時間もしっかりと有効活用できます。最近はお風呂で聴ける防水仕様の音楽プレーヤーが販売されていますから、これを使えば英会話やオーディオブックを聴くことができます。

資格試験の勉強をしている人であれば、テキストや参考書を自分で読んで録音し、入浴中に再生するのも可能です。お風呂の時間が、絶好の集中暗記タイムに変えられます。

同じ理屈で、車の中も勉強に使える音源を持ち込んでおくと、ある意味雑音のないプライベート空間で勉強することができます。車内で一人カラオケをする人もいるくらいですから、何の気兼ねもなく音読に集中することだってできます。残念ながら東京近郊にお住まいの人は車自体を所有していないことがありますが、地方在住の人は勉強に集中するには十分な時間、車に乗っている可能性があります。この時間を有効に使わない手はありませんよね。

まとめ

ここまでで、効果的に学習時間を捻出する方法をお伝えしてきました。

日常のちょっとした工夫で、学習時間を作ることができると実感していただけると嬉しいです。この工夫が見事結実することを願っています。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA