心理術

なぜか好かれる人の3つの特徴!悪用厳禁の心理術!(学生から社会人まで対応)

入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境になじむことができるのか?

また自分自身がではなく、新しい上司・部下が異動してきたなど、強制的に新しい環境ができてしまう場合もあるでしょう。ここでは新しい環境に飛び込む人に向けて、上手に人気者になる方法をお伝えしたいと思います。

あわせて読みたい
【好感を持たれるコツ】悪用禁止!相手の懐に飛び込む心理術!男性必見入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境に...

≪けなすときは、相手の目を見て≫

相手に好印象を残すためには、多くの場合は相手を褒め殺しにするのが効果的です。どんな人でも、それがたとえお世辞であっても、褒められることは心地いいのです。誰もが自分を認めてほしいという欲求を持っているものであり、「やっぱり君は最高!」と言われれば、それなりに嬉しいのです。

ところが世の中には、褒められるのが苦手な人が一定数います。褒められると「こいつは俺のこと何も分かっちゃいねぇ」と逆に不機嫌になってしまうタイプです。こういうタイプは「お前はそういうところがダメなんだよ」と皮肉たっぷりに言われたり、軽く叱られた方が逆にうれしいと思う珍しいタイプです。

では、どういうタイプの人間は、褒めるよりけなした方が効果的なのでしょうか。それは、自己像がネガティブな人です。自己嫌悪の強い人、よく「俺はダメ人間だからさ」と悪い自己評価をしている人がそういうタイプです。

テキサス大学の研究では、自己像がポジティブな人とネガティブな人を対象にして、相手から褒められた場合とけなされた場合とで、どれくらい相手を好意的に評価するかを調べてみたことがあります。

常識的に予想するなら、褒められた場合の方が、ずっと相手を好きになるはずです。しかし同大学は、自己評価が低い人つまり、自分を嫌っているタイプでは、この関係が逆転するのではないかと考えました。自分を嫌っている人ほど、皮肉っぽい発言をしてあげた方が「俺がダメ人間であることを、この人は理解しているんだな」と思うので好感が高まるはずだと考えたのです。

結果はまさに、同大学の予想通りでした。つまり、自己像がポジティブな人は、相手に褒められたときに72%の人が相手を好ましいと評価し、逆に自己像がネガティブな人は、否定的な発言をされたときに78%の人が相手を好ましいと評価したのです。

もうお気づきだと思いますが、ほとんどの場合は、相手を褒めておけば間違いないのですが、だれかれ構わず褒めまくっていればいいかというと、そうでもないということです。特に自己評価が低い相手の場合は、「お前アホやなぁ」と軽く否定的な発言をしてあげた方が、逆に喜んでもらえるのです。

とはいえこのテクニックは、あくまで高等テクニックです。相手を褒めてあげることが絶対的に基本の原則であることはよく覚えておいてください。否定的なことを言われて喜んでくれるのは、自己評価が低い人だけです。プライドが高い人や「自分大好き人間」をはじめとして、ほとんどの人はこのテクニックを使うと逆効果になるので注意が必要です。また、自己評価が低い人だからと言ってあまり痛烈な皮肉や悪口はよくない、というかパワハラになりかねないので、その点のさじ加減も難しいので注意してください。

≪弱さをアピールしてみるのも1つの方法≫

人に好かれるというのは、ある意味弱者の戦術でもあります。弱者が強者と普通に対決したら、強者が勝つに決まっています。しかし弱者が何もできないかというとそうでもなく、弱者なりに取りうる戦術がいくつもあるからです。

たとえば「弱さ」をアピールすることも、弱者ならではの効果的な戦術です。弱点をさらけ出し、同情を誘う。「こんなに弱い人間を、あなたはイジメるのか?」というサインを送れば、強者もあまり強要できなくなるものです。マハトマ・ガンディー流の無抵抗主義は、意外にも効果的だったのです。

一般論的には、女性は男性に比べてまだ立場が弱いのが現状です。だからと言って、女性が男性に振り回されてばかりかというと、決してそんなことはありません。むしろ弱さを逆手にとって、男性を操っている女性もたくさんいます。

自分の弱みは隠すべきではありません。むしろ、それを武器として利用することを考えるといいでしょう。弱みをさらけ出すと、相手はあなたに親近感を覚えるばかりか、守ってあげたい対象とみるようになるのです。

  • 「僕は田舎者で、訛りが抜けないのでちょっと恥ずかしいです」
  • 「僕はこの業界は初めてですから、先輩の仰る通りにしようと思います」

このように自分の弱さを意図的にアピールしてみるのはどうでしょうか。これらの戦術をとれば、相手は「カワイイ奴め」と思ってもらえるでしょう。無意味に強がろうとするよりは、自分の弱さを見せておいた方が、かえって相手も安心することは意外に多いのです。

強がっている人間は、あまり可愛げがありません。少しくらいおどおどしておいて、扱いやすい人間であるかのうようぬに振る舞うことは、実は巧妙で賢い戦略なのです。

ある種の動物は、わざと弱みを見せておいて、他の生物に守ってもらうことで生存するものがあります。相手に勝負を吹っ掛けるのではなく、リングから降りてしまうという戦術です。あなたがリングから降りてしまえば、勝負すべき相手はいなくなります。つまり無用な争いが起きなくなります。

夫婦喧嘩などで口論になりそうなときは「リングアウト」戦術を使うのも手でしょう。あなた先にリングアウトされてしまうと、相手の方もある意味毒抜きされるというか、幾分素直になるのではないでしょうか。そうすれば今度は、あなたの主張を聞いてもらえる可能性が生まれます。これは作戦勝ちです。

あわせて読みたい
【好感を持たれる話し方・発言】悪用禁止!相手の懐に飛び込む心理術!(学生から大人まで)入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境に...

≪険悪なムードになったら、早々にリングアウトしよう!≫

先に述べたリングアウト戦法は、議論になりそうなときにも使えるテクニックです。たいていの場合、議論は事態を悪化させます。世の中には議論しない方が逆にうまくいく場合も多くあるのです。

上司と議論するのはあまり賢明とはいえません。もともと上司の方が立場が上なのですから、議論になりそうになったらこっそりとリングアウトしてしまうのがいいでしょう。それが賢いやり方です。議論になりそうになったら、次の自問自答をしてください。

  • 「本当に議論すべきことだろうか?」
  • 「本当か?」
  • 「今すぐなのか?」
  • 「どうしてもか?」

このような自問自答をしてみると、答えがノーであることに気付くでしょう。たいていの議論はする必要がないのです。ここで反射的に議論で勝負してしまうと、あなたが勝っても負けてもお互いに心情面でしこりが残ります。しばらく気まずい空気に耐えることになりますが、それが業務効率を多少なりとも悪化させることは想像に難くありません。不要な議論は避けるのが人気者になるコツなのです。

どうしても反論したいなら、リングアウト戦術を利用してはどうでしょう。上司から何らかの指示を受けたとき、「さて、今週中にできるかどうか・・・」と独り言のようにつぶやき、下を向いて黙ってしまうのです。上司から何か質問をされても「うーん」とうなり声だけを出して困ったような顔をしてうつむいてしまえばいいのです。

この方法は「沈黙の戦術」と呼ばれることもあります。黙っていることで、上司の過ちに気付かせ、自分が反対の意思を持っていることを悟らせるのです。沈黙の戦術を使っても効果がないとしても、議論は避けましょう。あなたの基本戦術はリングアウトであって、同じ土俵で対決することではありませんから。

上司は何と言っても上司です。上司をやりこめてみたところで、あなたの得になることは何一つありません。上司をやっつけたことは瞬間的な喜びになるかもしれませんが、その後に何が待っているかを考えると、やはりやめた方がいいでしょう。むしろ、円満な関係を維持した方が結果的には良いことが多いでしょう。

日本人はもともと議論をするという習慣がないので、論理性だけで議論が成り立つことは少ないです。そこには必ず感情があって、それがしこりとなって残るリスクを考慮する必要があります。特に「あと5年もすれば、君も分かるよ」とか「若いやつにはこうした問題は見えにくいんだ」というような、論理とは一切関係のない議論をしようとする上司の場合、リングアウトが効果的です。

「なるほど、課長のご意見は参考にさせていただきます」とか「企画書に反映させていただきます」などと曖昧な表現でリングアウトした方が、感情的にしこりが残らず、上司に気に入られることができるはずです。

あわせて読みたい
【人間関係のトラブル収拾】ケンカ編:心理術で解決!(学生から大人まで)入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境に...

≪何かを頼むときには、先に謝礼をしよう!≫

仕事をしていると、どうしても誰かに頼みごとをする必要が出てきます。自分一人でビジネスはできないものですから、人にものを頼むことは不可避なのです。そんなとき、相手にいうことを聞いてもらう返礼として、贈り物や謝礼をしなければならなくなるのですが、ちょっとしたコツとして、「事前に謝礼をする」というテクニックをご紹介します。

たいていの人は、相手が言うことを聞いてくれた後で謝礼をしようとします。これは商品を受け取ってから代金を支払うのと同じイメージです。ですが、この方法が本当にいいのかというと、そうとも限りません。

相手に謝礼をするのなら、相手が行動を起こす前の方がいいです。どうせ謝礼を返すのなら、前もってあげてしまった方が説得のしやすさも違ってきますし、相手のやる気も違ってくるのです。

たとえば、部下に何か頼みごとをするとき「後で昼飯奢るからさ」という先輩と、きちんと昼食を奢ってくれてから頼みごとをする先輩とでは、部下がやる気を出して言うことを聞いてくれるのは、後者の方です。

こうした事前謝礼戦法は、「私はあなたのことを信頼していますよ」というサインとして伝わります。後で頼みごとをされた方は、あなたの信頼に応えようとして、より真剣に頼みごとを実行してくれるでしょう。

さいごに

ここまでで、相手と心理的により近くなる方法、不必要な議論を避ける方法をお伝えしてきました。今日の今から実践して、ご自身の魅力をより多くの人に気付いてもらってください。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

あわせて読みたい
【好感を持たれるコツ】悪用禁止!相手の懐に飛び込む心理術!男性必見入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境に...
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA