心理術

ワンランク上の「好かれる人」になろう!悪用厳禁の心理術!(学生から大人まで対応)

入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。

果たして新しい環境になじむことができるのか?また自分自身がではなく、新しい上司・部下が異動してきたなど、強制的に新しい環境ができてしまう場合もあるでしょう。

ここでは新しい環境に飛び込む人に向けて、上手に人気者になる方法をお伝えしたいと思います。

≪自分をネタにして笑いをとる≫

私たちは、笑える話を聞かせてくれる相手を好みます。こちらが大笑いできる冗談をかましてくれる人は例外なく魅力的です。日本人が笑わないのは世界的にも有名で、外国人に良くからかわれたりしますが、本当は非常に笑うことが好きな国民です。

会社や学校では、仕事や勉強に差し支えのない程度に、周囲の人たちを笑わせるように努力しましょう。仕事中は冗談はダメだろうとは考えずに、とにかく面白いことが浮かんだら、すぐにそれを言ってみましょう。そうするとその場の空気が楽しくなってきます。

パーデュ大学の研究では、華やかで自由な職場では、楽しいユーモアや冗談がよく見られるといいます。笑いのある職場ほど、従業員のやる気も高いというデータもあります。だからこそ笑いを忘れてはいけないということです。

人に会うときには「実は面白い話があるんですよ」と自ら進んで切り出せるようにしましょう。では、どういう笑いをとればいいかというと、それは「自分をネタ」にしたものです。実は自分をネタにした笑いは相手に最も喜ばれるユーモアであることが分かっています。どんどん自分をネタにして笑いをとっていきましょう。そうすれば、あなたは今まで以上に好かれる人になるはずです。

  • 「今朝、コーヒーだと思って飲んでみたら麺ツユだったんだよ」とか
  • 「間違えて、子どものハンカチを持ってきちゃったよ、妖怪ウォッチの・・・」

これらが、自分をネタにした笑いです。

TV番組によく出てくるお笑い芸人の多くが、自分がドジなところを面白おかしく聞かせてくれるが、それを真似するわけです。自分の馬鹿さ加減を披露しながら「お前アホやなぁ」と相手に笑ってもらえれば最高です。

他人のことを馬鹿にしようとすると、そのさじ加減が非常に難しく、ともすれば相手を怒らせてしまう危険性があります。その点、自分自身をネタにするのは誰にも害はありません。どんどん自分をネタにしていきましょう。

自分のドジな点を披露すると、それだけで近寄りやすい人という印象を与えることができます。やはり、スキのなさすぎる人というのは近寄りがたいのですね。

この種のユーモアは、気さくなイメージを出す作用があります。エリート臭い人や気取った人、あるいは人を遠ざけてしまうようなタイプの人は、自分のドジっぷりを大っぴらにするようにすれば、どんどん好かれるようになっていきます。

人は、少しくらいヌケたところがあった方が、「人間らしさ」を感じさせて好かれるのです。

≪人に「からかって」もらえるキャラになる≫

愛嬌のある人はよく、人から悪意のないからかい、冷やかしなどを受けるものです。心を許してもらっている証拠です。

皆さんは相手に冗談を言ってもらえるタイプでしょうか。もしそうだとしたら安心して大丈夫です。軽口をきいてもらえるかどうかというのは、人間関係が上手いか下手かを見分けるポイントです。

私たちは、なんとなく心理的に距離のある人とは事務的な付き合いに終始しようとするのが通常で、からかいあうことはありません。「こんな冗談を言うと、本気で怒られそうだな」と思えば、からかうことを躊躇するものです。からかいあえるかで、心理的な距離の近さが分かるのです。

親しい友人との関係を考えてみるといいでしょう。お互いにひどいことを言いあっているのではないでしょうか。それでも許されるのは、お互いに心理的なつながりを感じているからです。このように、お互いにからかいあえる関係になることを目標にしましょう。

  • 「お前は仕事が遅いなあ。女に手を出すのは早いのにな(笑)」

こんなことも、心を許しあえた相手なら言えるわけです。お互いにアホ呼ばわりできるのは、それだけ心が通じ合っているわけだから、どんどんやっていいのです。

表面的な付き合いでは、相手との距離感が縮まりません。挨拶でも世間話でも、しないよりはした方がいいのですが、理想を言えば、相手と冗談を言い合えるになることです。相手が上司や年配者であってもそれは可能です。上司がからかってきたら、自分も上司をからかえばいいのです。

みんなに愛されるというのは、「からかわれる」存在でもあります。からかわれても本気で怒ることなく、むしろ楽しい冗談で返してくることを周囲の人たちが分かっているのです。
あなたが上司だとして、部下にからかってもらえないのだとしたら、それはあなたの威厳やパワーに部下がひれ伏しているからではなく、単純に好かれていないからです。

愛嬌のある人は例外なく、からかってもらえます。飲み屋の女の子で男性客にウケがいいのは、すまして気取っているようなタイプではなく、からかわれるような女の子の方です。

では、どうすれば相手にからかわれる存在になれるかというと、

  1. からかわれても絶対に怒らない
  2. 神経質にならない
  3. からかわれたら、相手のこともからかう
  4. どこかドジなところがある

などの作戦が有効です。

≪「3分ルール」で相手を楽しませる≫

会話にはいろいろなルールがあるものですが、その一つに「3分に一度は必ず相手を笑わせる」というものがあります。いうなれば「3分ルール」です。

結婚式のスピーチであれ、各種のセミナーであれ、参加者が「面白いなぁ」と思ってくれるのは、話し手が3分に1回の割合で楽しい笑い話をしてくれる場合です。面白い話をリズム良くしてくれる人は滅多にいませんが、だからこそそういう人には好印象が残ります。

確かに時折、楽しいことを言って笑わせてくれる人もいますが、それくらいでは記憶に残りません。やはり、3分に1回は小さな笑いをとれるようにし、10分に1回は相手が声を出して笑ってくれるような大きな笑いを用意したいですね。皆さんはお笑い芸人ではないであろうことは想定していますが、そのくらいの気持ちで相手を楽しませてあげてほしいと思います。

鈴木健二氏の著書『いい話し方は良い人間関係を作る』によれば、一つの話が相手の興味を惹く時間は、2分10秒が限界だということです。これ以上になると、話の中身によほど関心がないと退屈されてしまうということです。

個の話から分かる通り、相手がきちんと話を聞いていられる1回の集中力は、2,3分が限界ということです。だから、その短時間の間に1回ずつくらいは笑わせてあげないと、退屈される危険性が高いのです。15分以上も全く笑いのないスピーチや会話が淡々と進行していたら、もはや手の施しようがないのです。

相手を笑わせるコツは、ホームランを狙わないことです。大きなネタで大笑いを狙いに行くと、外した時の精神的ショックが大きいのです。私たちは意気込みすぎるとたいていの場合には失敗するものです。

だからこそあまり大きな笑いを狙わない方がいいのです。小さな笑いをたくさん提供した方が喜ばれます。

小さな笑いを大切にするようにし、頭に浮かんだ面白いネタは、どんどん口に出してみるべきです。下手な鉄砲も大量に撃てば、その中で1つ2つはスベッても、それほど気にならなくなります。

≪あえてケンカを吹っ掛けてみる≫

職場の人間関係というのは、ともすると事務的で理性的なものになりがちです。それはそれで非常に重要なのですが、理性的なコミュニケーションに終始していても、人間的な絆は深まりません。

人としての絆を深めたいのなら、感情のコミュニケーションをする必要があります。頭脳だけの理性的コミュニケーションだけでなく、一緒に泣いたり笑ったり、怒ったりという感情的なコミュニケーションがないと、空虚な人間関係が生まれてしまうのです。

感情的なコミュニケーションをするためには、「あえてケンカを吹っ掛けてみる」のも、決して悪い作戦ではありません。頭に血を上らせることによって、感情的なものを引き出せるからです。ケンカほど感情的なコミュニケーションはないので、それを上手にやることで、相手との関係をより親密にすることができるのです。

夫婦では、ケンカするほど仲がいいなどと言われますが、それは本当です。ケンカをする夫婦というのは、いわば感情的なコミュニケーションを頻繁にやっているわけですから、お互いに口も利かないとか、機械的なコミュニケーションばかりをする仮面夫婦よりも、仲がいいのは当然なのです。

もちろんケンカをするときには、あらかじめシナリオを作っておかなければなりません。ケンカについて、あれこれとシミュレーションをしておかないと、相手だけでなく、自分まで感情的になりすぎてしまうからです。これでは人間関係は破綻してしまいます。

シミュレーションとはいえ、それほど難しいことをする必要はありません。その上で認識しておいてほしいコツは、「トークレベル」で考えることです。

大まかな筋書きではなく、

  • 「自分がこう話せば、相手はこう返してくるかな」
  • 「ここで一発、こんな言葉で怒鳴っておこうか」

このようにシミュレーションをしておくと、いざ本当にケンカになったときにもその筋書き通りに喧嘩をスタートさせ、計算通りに終了させることも可能です。あなたはすでに脳内で同じ状況を体験しているのですから、感情的になりすぎることもないわけです。

「絶対に喧嘩しないように」と考えていると、感情的なコミュニケーションはできなくなりますし、いざケンカになると、全く何の準備もしていないために、冷静な対処ができなくなるかもしれません。

ですから、いつケンカしても大丈夫なように、暇なときには同僚や友人の特徴を観察して、彼ら彼女らとどのようにケンカしてどのように収束させるかを考えておくといいでしょう。

まとめ

ここまでで、相手と心理的により近くなる方法をお伝えしてきました。今日の今から実践して、ご自身の魅力をより多くの人に気付いてもらってください。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA