心理術

悪用厳禁!あの人に好印象を植え付けるテクニック!(学生から大人まで対応)

入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境になじむことができるのか?

また自分自身がではなく、新しい上司・部下が異動してきたなど、強制的に新しい環境ができてしまう場合もあるでしょう。

ここでは新しい環境に飛び込む人に向けて、好印象を相手に植え付ける方法をお伝えしたいと思います。

≪別れのタイミングは会話が盛り上がったとき≫

別れ際というのは意外と難しいものです。去り際の印象というのは相手の記憶に強烈に残るからです。会話が終了しているのにモタモタしていたりグズグズしていると、あなたの印象がどんどん悪くなってしまいます。とはいえ、あまりあわてて立ち去ろうとすると、なんとなく落ち着きがない人であるかのように思われてしまいます。

では、どのようなタイミングで別れればいいのかという問題が生じるのですが、相手と別れるベストタイミングは、「会話が一番盛り上がったとき」が目安になります。会話が盛り上がって少しずつ下がり始めようとするくらいのタイミングが、別れるのに最も適したタイミングなのです。

会話が盛り上がっているときに、「そろそろお暇致します」とあなたが言うと、相手はきっと物足りなさを感じるはずです。もっと話を続けたいという気持ちが強くなるからです。あなたが「今度、また来月にゆっくりお話ししましょう!」といえば、相手はOKしてくれるでしょう。まだまだ話し足りない人は、次回の約束をすんなり受け入れてくれます。

これを心理学の世界では、ソ連時代の心理学者の名前から「ゼイガルニク効果」と呼んでいます。気持ちが高ぶったところで中断されると、そういう感情は記憶に残りやすいのです。

例えばドラマや漫画では、最高潮に盛り上がったところで「お楽しみは次回」ということで中断されてしまいます。なぜそうするかというと、中途半端なところで中断した方が視聴者や読者にいつまでも記憶してもらえて、翌週まで興奮や感情を引っ張ることができるからです。

お互いにもう話すことがなくなっているのに、いつまでも一緒にいるべきではありません。打ち合わせにせよ商談にせよ、無意味な沈黙が20秒も続くようなら、もはや分かれるタイミングは過ぎたと思った方がいいでしょう。もっと早く分かれるべきだったのです。

会話が盛り上がってきて、お互いに興奮、歓喜の感情が残っているときにお別れするようにすると、心地よい余韻がしばらく続き、「あの人は何と素晴らしいんだろう」という評価を受けます。逆に相手が退屈しているときに分かれると「退屈な人だった」という評価になりやすいので、なるべく盛り上がっているときに帰るといいでしょう。

話が終わっているのにいつまでも腰を上げないと、相手もイライラしてきます。別れるのが下手な人は、往々にして次回からは招かれざる客になってしまいます。盛り上がった気分を中断して別れるのがポイントです。

もう少し一般化すると、他人の自分に対する印象というのは、「ピーク・エンドの法則」に支配されています。つまり、あなたの印象というのは、会話のピークの印象と最後の印象によって決まるというものです。今回はこの中で「エンド」にフォーカスしましたが、ピークをどこに持っていくかというのも考える必要がありそうですね。

≪データを取ると、人気者度が向上する!≫

どのような人と会うときも、必ずデータ取りをするのは非常に重要なことです。自分自身がどのような発言をしたか、どんな身振りをしたのかは当然のことながら、それに対する相手の反応もじっくり観察してその記録をつけていくのです。毎回人に会うこと自体が研究・実験であるということです。

データを取るからこそ、規則性つまりは人間関係の「鉄則」を発見することができます。どうすると嫌われるとかどうすれば好かれるのかというのは、正直なところ実験によってしかわかりません。

実験をしてみないことには、すべてのことが正論に見えてしまいます。例えば「とにかくはしゃいで盛り上げる」という作戦は、なんとなく正しそうに見えます。しかしのその逆に、「無口で落ち着いた雰囲気を出す」作戦の方が人によってはいいのかもしれません。

個々の人の性格によって、どちらの作戦の方が効果を出しやすいかは変わってきます。性格的に明るい人は「はしゃいで盛り上げる」のが向いているでしょう。しかしそれも、きちんと実験をしてみてデータを取ってみないと分かりません。自分では「はしゃぐ作戦」がいいと思っていても、実際にデータ取りをしてみたら逆で「落ち着いた雰囲気作戦」が好印象になるかもしれないからです。だからこそ、データを取って比較するべきなのです。一種の科学的アプローチのようなものです。

実は、特に無形商材(生命保険など)の営業マンは、どのような単語のチョイス、表情、口調、抑揚がお客様に好まれるかというのを無意識のうちに研究しています。優績者の傾向を分析して新人の営業マンの研修に使うなどして、組織全体でデータ取りをしているのです。これと似たようなことを、職場だけでなくプライベートにおいても実践していくということです。

しかしこれと同じことをすれば、絶対に好かれるかというと、そうとは限りません。だからこそ、皆さんには、自分自身で色々なスキルを試してもらい、最も自分にあった法則を発見してほしいと思います。

人間関係のスキルには、心理学的な裏付けがはっきりされているものもたくさんありますが、やはり万人に当てはまるかというと、そういうことはありません。心理学にも、経験科学に特有の、「理論は結果を保証しない」という法則が当てはまります。

≪出会って3回目までに魅力が伝わらないなら、諦めよう!≫

肌の合わない人とは無理して付き合う必要はありませんが、3回目までは頑張ってみましょう。それでも相手に魅力を感じられない、自分の魅力を分かってもらえないのなら、その後においてもその人との親密な付き合いは難しいと判断しましょう。

つまり、同じ人と3回あってみて、自分のことを好きになってもらえなかったと判断されたら、もはやアウトということです。逆にいえば、出会って3回目までは、それこそ全力でアピールすることが大切ということでもあります。

心理学の世界には「スリーセット理論」というものがあります。人間は3回もその人に会えば、印象や評価がかなり固定的になるということです。それ以降の出会いは、単純に最初の印象を強めることにしかならないということです。

私たちは初対面の相手には、大雑把に第一印象を決めます。ひょっとしてこういう人なのかな?と自分でも疑いながら印象らしきものを作り上げます。それが1回目の出会いです。

続いて2回目の出会いは、最初の自分の観察が正解だったのかをもう一度判定してようとする試みです。3回目は単なる確認で、それ以降の評価はあまり変わりません。スリーセット理論からすれば、3回目までの出会いで、自分の魅力を最大限にアピールすべきで、もしそれまでに何か嫌われたのだとしたら、もうその人との関係は、「いかに関係を築くかという戦略」から「いかにダメージを小さくするかという戦略」に転換すべきなのです。つまり、素直に距離を置きましょうということです。

  • 「じっくり時間をかけて自分の魅力を理解してもらおう」
  • 「少しずつ自分の良い点を感じてもらおう」

などと悠長なことを言っている人は、あまり人に好かれないタイプです。人に魅力を感じさせる極意は先手必勝です。初対面の相手に全力で好かれる努力が大切です。3回目以降なら、少々手を抜いたとしてもあなたの評価が暴落することはあまりないですが、1,2回目は特に自分の美点を演出しましょう。

「人間の評価は3回目までに決まる」とはいえ、最も重要なのは1回目であることは言うまでもありません。だから「3回目までに何とか好かれよう」ではなく、「初対面で絶対に好かれて見せる!」という意気込みが重要で、まさにそれは一期一会の精神です。

セールスの世界では、お客様のもとへ何度も何度も訪問することで「君の熱意にやられたよ」というお客様が契約を結んでくれた、などという美談があるにはあります。それは第一印象の印象が良かった場合の話です。第一印象が悪ければ、たとえ1000回訪問しようがお客様から嫌われる一方なのでお勧めできません。この状態で何度も訪問したら、逆にクレームになってしまいます。

もう1つ、セールスの世界でも無形商材を扱う営業は、その人自身が商材の1つでもあります。第一印象で、「この人から話を聞いてみたい」と思ってもらわないと、2回目以降はチャンスすらもらえません。

第一印象で失敗しても、お客様の大半は優しいので、一応話は来てくれます。それもあくまで一応で、営業マンは2回目が潰えたことにすら気づかないことすらあります。こうした場合は、何をどうしても次回のアポが決まらないので、そこで気づいたら、その見込み客はもうあきらめた方が傷口が浅くていいはずです。

3回目までにあなたの魅力に気づいてもらえないようだったら、その人との関係は諦めようといいましたが、時間をおいて無理に挽回するのも避けた方がいいでしょう。マイナス評価をプラスにひっくり返すというのは簡単ではありません。

それよりも、あなたに対してまっさらな状態の初対面の人たちと新たな関係を作って好かれた方が、はるかに楽なのです。
ひとまずその人とは距離を置いて事務的なやりとりに留め、もっと別のところで人脈を増やしていくだけで十分です。

さいごに

ここまでで、相手と心理的により近くなる方法、万が一好かれなかったときの対処方法をお伝えしてきました。今日の今から実践して、ご自身の魅力をより多くの人に気付いてもらってください。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA