生活

【超まとめ】出産準備品!入院中にはなにが必要?ベビー用品で必要のないものは?

妊娠中期~後期になると、そろそろ出産準備を始めるママも多いと思います。

でも出産準備といっても、生まれてくる赤ちゃんのためのベビー用品や、入院中に必要な物などたくさんあって、一体何を用意したらいいのか悩みますよね。

そこで用意した方が良い物、あまり必要のない物をご紹介します!

目次

用意しておいた方が良いもの 赤ちゃん用10個

必要なもの1.肌着

赤ちゃんに絶対必要なのはやはり肌着です。

特に夏生まれの赤ちゃんは、お家の中では肌着のみで過ごすという場合が多いです。

新生児のうちはよくミルクや母乳を吐いて汚してしまったり、汗をかいたりして着替える事が多いので少し多めにあっても良いと思います。

必要なもの2.ガーゼ

ガーゼは沐浴の時に使いますし、ミルクや母乳を吐いてしまった場合や授乳のときなど、なにかといろんな場面で使えます。

ただし小さいガーゼだと吐き戻しを拭いたりしたときに、すぐに染み込んでしまうので大きめのガーゼを選んだ方が良いです。

必要なもの3.オムツ・おしりふき

オムツやおしりふきは病院で用意してくれる所も多いですが、入院中になくなってしまう可能性もあるので、自分でも用意しておいた方が良いです。

ただしオムツは、赤ちゃんによっては新生児サイズがすぐに入らなくなる子もいるので、買いだめはしない方が良いです。

おしりふきは、オムツをしている間はずっと使うものなので、安いときに買いだめしておいても大丈夫です。

必要なもの4.赤ちゃんが退院時に着る服

入院中に赤ちゃんが着る肌着は病院で用意してくれますが、退院時に着せる服は用意する必要があります。

退院時の赤ちゃんの服装はセレモニードレスを選ぶ人が多いですが、最近ではセレモニードレスにこだわらずに、好きな服を選ぶ人も増えてきています。

必要なもの5.ベビーソープ

赤ちゃんも退院の翌日から沐浴が始まります。

髪の毛も含め全身洗えるベビーソープは必需品です。

泡で出てくるタイプが使いやすくてオススメです。

あがり湯やすすぎの必要がなく、入浴剤のように使える沐浴剤というものもありますが、沐浴の間だけしか使わないですし、ママの中には洗ってる感じがないので汚れがちゃんと落ちてるかわからないという方もいます。

沐浴剤にするのか、ベビーソープにするのかはママの使いやすい方を選ぶと良いです。

必要なもの6.ベビー綿棒

軽い耳そうじや鼻そうじ、お臍の消毒に使う場合もあります。

100均にも売っているので用意しておいて損はないです。

必要なもの7.チャイルドシート

赤ちゃんを車に乗せる場合は必ずチャイルドシートが必要です。

赤ちゃんが小さいうちはお出かけしないからと思っていても、退院時に車で帰る方はその日に新生児から使えるチャイルドシートがいります。

ちなみにタクシーに乗る場合は、チャイルドシートは不要で、抱っこをした状態で乗ることができます。

必要なもの8.ベビー服

肌着の上に着せるベビー服ですが、赤ちゃんのうちはすぐにサイズオーバーしてしまうので買いすぎないように注意してください。

とりあえず2~3枚あれば十分でしょう。

必要なもの9.ベビーベッド・ベビー布団

赤ちゃんを寝かせるのにベッドか布団どちらにするかを決めて用意しておきましょう。

ベビーベッドは買わずにレンタルでも十分です。

必要なもの10.赤ちゃん用の爪切り

赤ちゃんも爪は伸びてくるので、伸びてきたら切らないと顔をひっかいて傷になってしまうのであった方が良いです。

産後に用意しても良い物 赤ちゃん用5個

産後に必要なモノ1.ベビーバス

新生児のうちは大人と同じ浴槽には入れないので沐浴をします。

そのときにベビーバスが必要なのですが、基本は新生児のうちしか使わないので、中には綺

麗に洗ったシンクで入れたり、衣装ケースなどで代用する方もいます。

必要かなと思ってから買えば良いと思います。

ベビーバスを選ぶ際は、空気でふくらませるタイプのものが、場所もとらずオススメです。

産後に必要なモノ2.粉ミルク・哺乳瓶

ミルクでや混合で育てる方は用意しておかないといけないですが、完母で育てる人は必要ありません。

しかし、母乳があまり出ないという事もあるので、その場合は粉ミルクと哺乳瓶も必要になります。

病院では哺乳瓶を貸してくれることが多いですし、粉ミルクのサンプルをもらえる場合もあります。

出産して様子をみてから用意しても十分間に合います。

産後に必要なモノ3.ベビーカー

赤ちゃんが小さいうちはほとんど外には出ず、お家の中だけで過ごします。

一ヶ月検診などで外に出る場合も、抱っこで十分なので急いでベビーカーを用意しておく必要はありません。

産後に必要なモノ4.抱っこひも

抱っこひもは、よく泣くので何もできない。

抱っこしていないと泣くなど、子育てしてるうちに問題が出てきて必要と感じてから用意すれば十分です。

産後に必要なモノ5.鼻吸い器

赤ちゃんの鼻がつまってしまったときなどに解消してあげるための鼻吸い器ですが、夏場であればあまり必要ないですし、冬場でも風邪をひかなければ出番は少ないです。

慌てて用意する必要はないものです。

あまり必要のないもの 赤ちゃん用9個

あまり必要でないモノ1.ミトン

小さくて可愛いのでついつい買ってしまいがちですが、ミトンは買ったけど結局使わなかったという場合が多いです。

つけてもすぐとれてしまったり、嫌がる子もいたりします。

あまりにもお顔を自分でひっかいてしまったり、必要と感じてから買うのが無難です。

あまり必要でないモノ2.スタイ

新生児のうちは、よだれが出てくることはほぼないです。

そして赤ちゃんの中には、スタイが必要なほどよだれがたくさん出る子もいれば、全くよだれが出ない子もいます。

こちらも必要と感じてから買った方が良いです。

あまり必要でないモノ3.体温計

赤ちゃん用品のあるところには、すぐに体温が測れるものや、体温を耳で測るタイプのものなどいろいろ売っていますが、お家に体温計があればわざわざ新たに買う必要はないです。

普通の体温計でも十分測る事ができます。

あまり必要でないモノ4.おもちゃ

可愛いのがたくさんあってついつい買いたくなりますよね。

0か月から使えるおもちゃもありますが、新生児のうちにおもちゃは必要ないです。

必要な月齢になったときに、そのときに合ったおもちゃを買うのが一番です。

あまり必要でないモノ5.オムツ専用ゴミ箱

オムツがにおわないように工夫されたゴミ箱ですが、使うには専用のカートリッジが必要です。

ふた付きのゴミ箱で代用できますし、ビニール袋に入れてしっかりくくればそんなに匂いも気になりません。

あまり必要でないモノ6.赤ちゃん用の洗濯洗剤・柔軟性

赤ちゃんは肌が弱いので普通の洗剤で洗えば肌が荒れると言われますが、実際は普通の洗剤を使用している人も多いです。

買ったけどめんどくさくて結局全部一緒に洗ってるというのもよく聞きます。

あまり必要でないモノ7.湯温計

沐浴のときにお湯の温度を測るものですが、最近は給湯温度を設定できるものが多いですし、手でなんとなくわかるので結局ほぼ使わないパターンが多いです。

あまり必要でないモノ8.おしりふきウォーマー

こちらも買ったものの結局使わなかったという人が多いです。

そして温めているとおしりふきが乾いてしまうこともあります。

あまり必要でないモノ9.セレモニードレス

セレモニードレスは結構高いですが、多くても退院時とお宮参りの2回ほどしか出番がありません。

先に書いた通り、退院時はセレモニードレスでなくても良いですし、お宮参りでも最近ではレンタルすることができます。

わざわざ買うのももったいない気がします。

用意しておいた方が良いもの ママ用3個

ママに必要なモノ1.授乳用ブラ

授乳するときは、やはり授乳用ブラが一番使いやすいです。

ママに必要なモノ2.骨盤ベルト

産後に体型を戻すためには骨盤ベルトが必須です。

また、妊娠後期に腰痛や恥骨痛がある場合に、痛みを緩和するためにも使えます。

その場合は産前も産後もどちらでも使えるものを選ぶようにしましょう。

ママに必要なモノ3.ストロー

陣痛中やお産のときなどは飲み物を飲むのも大変です。

ストローがあればさっと飲めるのであると便利です。

産後に用意しても良いもの ママ用3個

ママに便利なモノ1.母乳パッド

母乳パッドは母乳がよく出る人には必需品ですが、あまり母乳が出ない人には必要のないものです。

必要であれば入院中に誰かに買ってきてもらう方が良いです。

ママに便利なモノ2.授乳クッション

病院においてることがほとんどですが、実際使ってみると授乳クッションがある方が授乳しやすい人もいれば、授乳クッションを使うとやりにくい人もいます。

授乳の際に使ってみて必要かどうか考えてみると良いです。

ちなみに授乳クッションは、お家にある普通のクッションでも代用できます。

ママに便利なモノ3.搾乳器

搾乳器が必要かどうかは、産後のおっぱいや母乳次第なので、先に用意しておく必要はないです。

あまり必要のないもの ママ用3個

ママにあまり必要のないモノ1.産褥ショーツ

ほとんどの病院で入院時の持ち物リストにのっていますが、産褥ショーツは陣痛~お産の間は便利ですが、産後はあまり使うことはありません。

使ったとしても入院中だけだったという人も多いです。

悪露が出ていてもお家ではサニタリーショーツで十分なので、わざわざ産褥ショーツを何枚も用意する必要はありません。

病院で用意してくれている場合はそれだけで十分です。

ママにあまり必要のないモノ2.授乳口つきパジャマ

あっても困るものではないですが、授乳のときには普通の前開きのパジャマで十分なので、わざわざ授乳口つきのパジャマは買わなくても良いです。

ママにあまり必要のないモノ3.お産パッド(産褥パッド)

大きくて厚みがあるので、破水してしまった場合や、悪露が多い場合などは重宝することもありますが、基本的には夜用の生理用ナプキンで代用できるので、あえて買う必要もないです。

さいごに

このように人によって使う使わないが分かれる出産準備品ですが、実は必要のないものや、何か他のもので代用できるものなども多くあります。

また大体の病院では、入院セットとしてある程度の必要なものが用意されていることが多いので、何が入っているのか事前に確認してから用意するようにしましょう。

ベビー用品は可愛さからついつい必要のないものまで買ってしまう事がよくあるので、あとで後悔しない為にも事前によく考えてから買うことをオススメします。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA