勉強

【子供に勉強をさせるには?】勉強しないと叱るべき?我が子の教育を成功させる習慣術!

子どもを持つすべての人にとって、我が子の教育は関心のあることですよね。

「将来は○○大学を卒業して、外資系企業でたくさん稼げるようになってほしい」と願う人もいれば、「そこまで高望みはしないけれど、1つでも特技を身につけてほしい」と願う人もいるでしょう。いずれにしても、我が子に賢くなってほしいと願う人が多いと思います。

そこでここでは、我が子の教育を成功させるための方法をいくつかをお伝えしたいと思います。

あわせて読みたい
【子どもの勉強教育】親御さん必見!我が子の教育を成功させる習慣術!子どもを持つすべての人にとって、我が子の教育は関心のあることですよね。 「将来は○○大学を卒業して、外資系企業でたくさん稼げるよう...

≪子供のテストの出来が悪いとき、叱り飛ばすべき?≫

褒めるときの1つのポイントとして、子供が努力して変わった点を褒めるということがあります。自分の子供は仕方ないほどかわいいものですから、常に「かわいいね!」といって褒めます。それも子供を愛していることを示す点では非常に重要ですが、ある時期を過ぎたら、子供が努力して良い変化を起こした点を褒めるようにするといいでしょう。

子供が努力して勉強し、テストでいい点を取ったときは無条件に褒めましょう。テストでいい点を取ったときに、「勉強だけじゃダメよ」とか「油断禁物だよ」などと言ってあまり喜ばないでいると、それ以上伸びる気合がなえてしまうことがあります。また、普段と違ってしっかり勉強しているときも、もちろん褒めてあげます。

ここまでは簡単なことですが、テストの点が悪かったときは叱った方がいいのでしょうか?「良いことをした=褒める」「悪いことをした=罰を与える」という基本に従えば、悪い点を取ったら叱り飛ばすことになります。ところが悪い点数というのは、結果であって行動とは違いますから、罰を与えたところで結果が変わることは考えにくいものです。

そうではなくて、「なぜ点数が悪かったのか」ということについて、ちゃんと話し合って原因を探っていきます。単に勉強不足だったのか、偶然ミスが続いたのか、全く理解できていない分野の問題が出たのか。原因が浮かび上がってきたと気に、行動面に対して具体的に指導したり、叱ったりしないといけません。

悪い点を取っていることは本人も理解していて、悪い点を取ること自体が罰になっていることもあります。悪い点の原因を罰することなく、点数ばかり叱っていると、ダメのダメ押しというか、本人としては2重の罰のようなものになってしまいます。

テストの点数に関して、人間が陥りやすい錯覚があります。何かというと、テストで80点という良好な点数を子供がとってきたとします。それを褒めると、次のテストでは60点に落ちます。そこで、「こんな点数じゃダメだろう!」と叱ると、次のテストで75点を取ってくるのです。こうしたことが長期的に繰り返されます。

この現象を「平均への回帰」といいます。毎年3割ヒットを打つバッターも、シーズン中には調子のいい悪いがあります。調子が良くなった後に不調の波が来て、その後また調子を上げて、という具合です。これがシーズン中に繰り返されて、平均3割という数字が残ります。

テストの点数も同じことが言えます。1年間のテストの平均が75点の子供がいるとすると、この子は平均して75点を取るのではなく、75点の前後でばらつく点数を取ってきて、学年の終わりに「平均75点」という結果を残すのです。

≪錯覚が招く悪循環≫

この「平均への回帰」を考慮するなら、平均自体を少しずつ上げていくのが、勉強の実力をつけるということです。ところが親にしてみると、「叱った後にはいい点を取って、褒めた後には悪い点を取る」という印象が強く残ってしまうのです。

子供の点数のバラつきは、単純に平均への回帰の減少が発生しているだけなのに、自分が「叱ったり褒めたりした」ことが子供の点数に影響しているという錯覚に陥ってしまうのです。そして最悪の場合は、叱った後の得点アップだけ注目して「叱った方が点数が良くなる」という方向に、親自身の認識が変わってしまうことです。常に叱りながら子供のおしりをたたくようになるのです。例えば良い点数を取ってきても、褒めることをあまりしないで、「もっと頑張れ!」と発破をかけるようになるのです。

こういうことをすると、子供は次第にやる気を失い、結果的には点数が下がっていきます。すると、さらに厳しく叱るということになります。

最近の教育学の実験では、「常に褒める」と「常に叱る」では、前者の方が子供の成績を上げることに効果的だということが判明しています。つまり、「常に叱る」というのは、最も効率の悪い方法だったのです。

悪い点数を子供がとってきた場合にまで褒める必要はありませんが、そのときに親が感情的にならないことが、「賢い子供」に育てるためには重要な習慣です。悪い点数を取ってきたときにヒートアップせず、何が悪かったのかを冷静に客観的に分析し、それを修正するように子供を指導することが、親に求められる能力なのです。

子供の成績がいいときは、あまり干渉しない方がいいでしょう。勉強の仕方が気になっても、「点数の上がる勉強方法こそが正しい勉強方法」ということで、上手くいっているうちは無理に変える必要はありません。逆に苦手な科目は勉強方法を変えた方がいいでしょう。

≪親の諦めムードは、子供に空気感染する≫

子供の成績が悪い時に、「この子は頭が悪い」という決めつけは絶対にしてはいけません。親の方が先に諦めると、多くの場合は子供も諦めてしまいます。

教育に関して大きな問題になっているのは、低学歴の親の子供は勉強に対する意欲が低く、勉強しないということです。親の学歴と子どもの学習意欲は相関関係があるということです。

当然ながら、その原因は世代や地域などの環境要因もあります。例えば経済的な理由で、本当は勉強したかったのに、貧困ゆえに大学へ進学できなかった例です。

ところが、現在の30~40代で、経済的困窮が原因で大学へ進学できなかった人はそれほど多くありません。受験勉強はそこそこ頑張ったのに志望校へ行けなかったとか、何回か浪人したけれどダメだったという人が多いから、いくら一生懸命勉強したからと言って、所詮才能の差だとか、最初から賢いやつには勝てるはずがないという思い込みを持っている人が多いのが実態です。

自分の若いころの勉強方法が悪かったのかと、少しでも疑ってみればいいのに、そう思わない人が圧倒的多数です。脳に障害がある人を除外すれば、原因もなく勉強が全くできないということはありえません。それなのに、親が諦めてしまうというのは、子供の可能性を親が潰してしまうことに他なりません。

親が高学歴だと、子供も高学歴になるという傾向は確かにあります。東大生の親の平均年収が900~1000万円以上だという話も有名です。しかしこれは、「勉強ができるのは持って生まれた才能だ」ということを意味するのではありません。

親が社会的な成功者だと、子供に対する諦めが悪い傾向があります。諦めが悪いというのか、諦めないのです。成功する人とそうでない人の生活習慣で何が決定的に違うかというと、「諦めの悪さ」でしょう。脱落する人は、すぐに諦めてしまうのです。諦めた人が再起して成功者の路線に乗ることは少ないでしょう。

そうした場合も、宝くじが当たるなどの幸運はあるでしょうが、諦めた人が上司が変わった瞬間に急に出世するということは考えにくいものです。上司とソリが合わなくても、多少冷遇されても、諦めず仕事を続けていた人は、上司が変わった瞬間に認められる場合があります。つまり、人間の能力などとは、どこかで「こんなもんだろう」と思ってしまったら、そこで成長が止まってしまいます。あとは現状維持か退化するかのどちらかです。

しかし、現実には諦めてしまう親が多く、それが子供に空気感染するから、代々優秀な家とそうでない家、というような社会的階層が固定化されてくるのです。それがやがて、格差の再生産につながるのです。

遺伝的に勉強ができる、できないは、多少はあるかもしれませんが、決定的な要因ではなく、多くは後天的な要因です。生き別れの双子でも、体格や顔立ちに大差はないにしても学力は大いに変わります。つまり子供の学力は遺伝的な要因より環境的な要因により大きく左右されるのです。

また、ある実験では、「期待効果」ということも判明しています。教育学の実験で、同じ能力レベルにある2つのクラスの片方の教員に、「このクラスは天才児を集めました」と伝えます。すると、もう一方のクラスに比べて、そのクラスの子供たちの成績が伸びるのです。つまり、教える側が期待を強く持っているほうが、子供の能力は伸びるのです。

親が子供に期待しているときの方が、やはり成績が上がるのです。子供を馬鹿だと思って、良いことは1つもありません。

≪子供をつぶす「過度な期待」≫

子供に期待した方がいいのは確かですが、「過度な期待」で子どもを潰してしまうリスクがあることも確かです。それでは「過度な期待」とは一体何でしょうか。過度な期待というのは、能力の限界に対する評価の問題です。

思った以上に成績が伸びないとか、やれば伸びるはずだ、学力が上がらないのは方法論が悪いはずだと思うこと自体は問題ないでしょう。しかし、1日に英単語を30個覚えられないから叱り飛ばすとか、自分ができもしないことを子供に期待するのはやめた方がいいでしょう。

だが、小学生の子供に対して「東大に入学してほしい」と期待するのは、過度な期待とは言えません。幼いうちから適切な学習習慣を身につけさせて、勉強のノウハウが分かっているならば、結果として東大に入れなくても、成績は確実に伸びるものです。

東大の入学者は、同学年の400人に1人しかいない、という倍率です。東大だけでなく、京大や早慶など、いわゆる難関大学といわれる大学のキャパシティまで考慮すれば、入学定員は3万人くらいになります。そうすると、同学年の50人に1人に入ればいいのです。

さらに少子化とか、帰宅して1秒も勉強しない子供が学年の4割もいたりという事実を踏まえれば、同学年の10人に1人くらいはいるような学力で、十分に学歴エリートを目指すことができます。これを子供に要求するのは、過度な期待とは言えないでしょう。過度な期待というのは、ムリゲーのような非現実的な要求のことです。高3の段階で中学レベルの勉強もできないのに東大の理Ⅲに入れというなら、過度な期待でしょうが、小学生の子供に最初から「無理だから諦めろ」という必要はありません。

さいごに

小学生くらいの子供には無限の可能性があります。褒めると叱るを上手に利用して、子供の能力を伸ばしてあげてください。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

あわせて読みたい
【子どもの勉強教育】親御さん必見!我が子の教育を成功させる習慣術!子どもを持つすべての人にとって、我が子の教育は関心のあることですよね。 「将来は○○大学を卒業して、外資系企業でたくさん稼げるよう...
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA