楽天お買い物マラソンで購入店舗数に比例して最大ポイント10倍!3/26の1:59まで。

ただいま楽天がキャンペーン中!楽天で他にも購入するものがある方は合わせて購入がおすすめです。

✔ 1店舗でポイント1倍

✔ 2店舗でポイント2倍

・・・

✔ 最大10店舗でポイント10倍!我が家も炊飯器を買います!

育児

【2歳くらいから4歳向け】おすすめの夜眠る前に聞くと良い子守唄7選をご紹介!

今日は、幼稚園や保育園年少さん位からお勧めしたい、夜なかなか眠ってくれないときにお勧めしたい子守唄をご紹介したいと思います。

著者は幼稚園教諭と保育園の免許を持っていますので、そちらも合わせて参考にしていただきたいと思います。

今回は誰でも知っているような子守歌をご紹介します。

題名を伝えてもピンとこない方は曲を聞いた方が、「あ、この歌ね!」というような感じになるかと思います。

参考になれば幸いです、それでは早速行ってみましょう。

おすすめ1.シューベルトのこもりうた 作詞内藤濯、作曲シューベルト

こちらの子守歌はとても有名なのでどなたでも聞いたことのある曲だと思います。歌詞は、「ねむれねむれ母の胸に~」という感じで始まるあの曲です。この曲は聞いているととても居心地が良くなりますよね。大人の方が聞いていても眠ってしまうような誘うような音楽になっています。特に、作曲がシューベルトなのでとても繊細な綺麗な曲作りをされていると感じます。

「こころよき歌声に結ばずや楽し夢」というような言葉のように、夢を見るくらいに寝入ってしまうと良いかと感じます。それから、こちらの曲は何度も何度も聞いていると本当に心豊かになれると言いますか、繊細な心が持てるような気持になります。シューベルトの作曲する音楽はとてもきれいな心にさせてくれるので是非聞いてお子さんを眠らせてみてくださいね。

おすすめ2.ゆりかごのうた  作詞北原白秋 作曲草川信

この曲は、「ゆりかごの歌をカナリヤが歌うよねんねこねんねこねんねこよ」という歌詞で、とても簡単なのですが、とても眠気を誘ってくれる曲になっています。

作詞が北原白秋さんという事でこの方が作詞される曲というのは昔の曲なので私の祖母も知っているような曲なのですが、小さいころ著者もこの曲を祖母に歌ってもらいながら寝ていたのを思い出します、それくらい昔の曲ですが、結構知っている人もいるかと思います。

今だからこそ歌ってもらいたい曲なので、オルゴールでもいいですがお義母さん自身が歌って子供に聞かせると良いかと感じます。鼻歌でも良いかと思いますがこの曲をずっと歌っていると子供が自然に眠ってくれることが多いです。参考にしてみてください。

おすすめ3.はるよこい 作詞相馬御風 作曲弘田龍太郎

もうそろそろそんな時期になりますが、春よ来いという曲がぴったりの季節になりそうですね。この曲は子守唄ではないですが、ゆったりした曲調なので眠るときに歌ってあげると良い曲になります。

特に女の子向けかもしれませんね、曲の中に「みいちゃん」という女の子が出てきます。「おんも」や「じょじょ」という言葉も出てきて何だこの言葉は?と思う方もいるかと思いますが、昔の言葉ですから昔のことがわかるような内容になっていますね。結構色々な曲がありますがその中でもとても優しめの曲だと感じます。

春が来る前にぜひ歌っていただきたい曲ですし、季節に関係なくとても良い曲だと思うので、ぜひ子守唄としてうたっていってあげてほしいと思います。

おすすめ4.あめふり 作詞北原白秋 作曲中山晋平

この曲は雨が降っているときにぜひ歌ってもらいたい曲になります。しかし子守唄としても夜眠る前に歌ってあげても良い曲です。

特に水たまりが好きなお子さんやカッパを着ていきたいというお子さんの自我の芽生えがしてきたときに歌ってあげると良い曲です。「あめあめふれふれかあさんがじゃのめでおむかい嬉しいな」というような曲の始まりの歌詞になっています。おそらく皆さんが知っている誰でも知っているような曲だと感じています。

我が家でもこの曲を聞くと自分のカッパを持って着て外で水たまりにチャプチャプして遊びたいと言っています。北原白秋さんが作詞しているので、この曲も昔から歌い継がれている曲と思います。私自身も祖母からこの曲をたくさん聞いてきました。なので耳に残っているので子供たちに何も水に歌えるのだと感じています。

おそらく皆さんも一度は聞いたことがある曲だと思いますので是非たくさん歌ってあげてくださいね。歌うのが少し恥ずかしいわというお父さんお母さんがいたら、メロディのなる絵本やオルゴールがあるのでそちらを使ってみてください。そうすることでとても良い方向へ向かう事と思います。

おすすめ5.ななつのこ 作詞野口南情 作曲本居長世

こちらは「からすなぜなくの」という曲の始まりの曲です。なので皆さん知っていることと思います。

よく、夕方四時半とか五時くらいになるともう帰る時間ですよという事でこの曲がチャイムなどでなっているのを聞くことがありますのでおそらく皆さんご存知の曲だと思います。

ちなみにこの曲の替え歌で「カラスなぜ泣くのカラスの勝手でしょ」というのがあります。この曲は色々と替え歌としてうたわれていることも多いです、本当の曲の歌詞は「カラスなぜ泣くのカラスは山にかわいいななつの子があるからよかわいいかわいいとカラスはなくのかわいいかわいいと泣くんだよ、山の古巣へ行ってみてごらん、丸い目をしたいい子だよ」という歌詞なんですよね。

とても良い歌詞なのですがカラス自体が黒くてあまりいい感じで見られていないこともあって悪いような歌詞に変更して歌われていることもあります。本当の歌詞をお子さんには聞かせてあげてください。それにしてもカラスは7羽も育てているなんてすごいですよね。

おすすめ6.ほしのせかい 作詞川路柳虹 作曲コンバース

皆さんこの曲は知っていますか?「かがやく夜空の星の光よ 瞬くあまたの遠い世界よ 吹けゆく秋の世 すみわたる空 望めば不思議な星の世界よ」というあの曲です。少し難しい歌詞なので、あまり知られていないかもしれません。

しかし、とても良い曲ですし、とてもきれいな音色の曲です。フルートなどで演奏するときれいな曲だと感じています。この曲は夜眠る前にぴったりの曲ですのでしっかりと押さえておいてもらいたい子守唄になります。

ぜひきれいな曲を聞かせてお子さんを寝つかせてあげてください。

おすすめ7.こもりうた 日本古謡

こちらの曲は題名の通り子守歌の代表的な曲です。「ねんねんころりよおころりよ 坊やはいい子だねんねしな 坊やのおもりはどこへ行った あの山超えて里へ行った」という曲です。

昔から語り継がれているとっても有名な曲なので、年配の方はほとんど知っていることと思います。私自身も祖母にたくさん歌ってもらいました。この曲はとても簡単な単調なメロディなのですぐに覚えやすい曲だと感じています。

しかし、昔の曲なので昔の言葉が沢山出てきます。「おもり」という言葉だったり、里を超えていたとか昔の言葉ですよね。それだけ昔の人は歩いたという事がひしひしと感じられるような曲だと感じています。ぜひ一度聞かせてあげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した子守唄は、実は一冊の本で売られているんです。これはとても便利な絵本ですのでもし気になる方がいたらこちらの題名を調べてみてください。本の名前は、「おとのでるおやすみこもりうたえほん」というものです。(金の星社出版、1600円くらいで購入できます。)これはとても重宝する絵本になります。

夜眠る前に泣いている子供に聞かせると泣き止みます。我が家では息子が二人いるのですがそのどちらもこの絵本で泣き止みました。ですからもし泣き止まないし眠ってくれないのというお母さんがいたらぜひ試してみていただきたいのです。参考までにお役に立てると幸いです。園の先生が選んだともいえる本になっているのでお見逃しなく!

子供がなかなかいう事を聞いてくれないときの対処法!5選!みなさんは子育てをしていてなかなか子供が言う事を聞いてくれないな、と思う事がありませんか? 我が家でもあるのですが、今日はそんな時...
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA