化粧水

お肌のケア方法は化粧水だけで効果はあるのか?化粧水しか使わない人必見!

あなたはお肌のトラブルに悩まされていませんか?

摂取する栄養分に偏りがあったり、毎日の残業で睡眠が十分に取れていなかったり、外出の際に紫外線を浴びたりすると、お肌のダメージが蓄積され、様々なお肌のトラブルが発生することになります。

出来ることであれば、こうしたお肌のトラブルは避けたいですよね。

これらお肌のトラブルを防ぐために、毎日入念なお肌のケアをすることが必要です。

今回は、そんな気になるお肌ケアのやり方として、「果たして化粧水だけで問題ないのか?」という疑問について詳しく解説していきます。

お肌ケアの方法について興味がある人はこの記事を最後までお読み頂き、今日からのお肌ケアにご活用して頂ければ幸いです。

肌ケアをする場所って?

「美容のためにはお肌を念入りにケアしなければいけない」 と皆さん考えていらっしゃるかもしれませんが、それでは一体お肌のどの部分をケアすればよいのでしょうか?

お肌の構造は、角質層・顆粒層、有棘層、基底層に分かれますが、お肌を保湿しなければいけないのは、厚さがわずか0.2ミリしかない「角質層」と呼ばれる個所です。

この角質層には、皮脂膜・天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質という保湿の重要成分が含まれています。これらの成分が十分に機能することで、お肌の潤いが保たれることになります。

化粧水・美容液・乳液の違いについて

ここで、そもそも化粧水・美容液・乳液の機能は、それぞれどのように異なるのかについて改めて整理してみます。

化粧水

化粧水は一般的にお肌に水分をもたらす効果があると言われますが、実際にはそのような効果はほとんど見られないと考えられています。

化粧水の主な機能は、お肌のバランスを調整することです。お肌のケアには、化粧水だけでなく、美容液や乳液などその他の化粧品を使用することが多いですが、化粧水にはこのような化粧品の機能をお肌に浸透させる働きをするのです。

これがなければ肌ケア効果が変わってくるほどですので、化粧水の役割は大きいといえるでしょう。

美容液

美容液は、保湿機能が働く角質層まで美容効果を浸透させます。

これにより、お肌のしわが目立たなくなったり、乾燥したお肌の状態を改善したりといった効果が期待出来ます。

お肌のコンディションを整えたい方は、定期的に使用すべき化粧品です。

乳液

乳液は化粧水が持つ水分をお肌から逃がさないように、保湿する役割があります。

化粧水の主成分は水ですので、そのままでは蒸発してしまうことになります。

特にお肌が乾燥している方には、乳液を使用することで保湿効果を得られ、お肌に潤いを持続させることが出来ます。

 

十分な肌ケアのために、化粧水のみで足りるか?

結論から申し上げますと、先程見た角質層に肌ケアを施すためには、残念ながら化粧水のみでは十分ではありません。

なぜならば、化粧水ではお肌に水性の保湿効果を施すことが出来ますが、脂質のある保湿効果までは及ばないためです。

お肌のケアを行き届いた状態にするためには、水性と油性の両方を含んだ配合がなされなければいけません。

したがって、原則としては化粧水以外の美容液・乳液など対応をすることが望ましいと考えられます。

 

お肌ケアに効果のある正しい順番・方法

お肌のケアのためには、上記化粧品等を適切な順番で使用していくことが必要です。今回取上げました3つの化粧品の例で考えますと、効果の高い肌ケアのためには、以下の順番が最も良いとされています。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. クリーム
    (夜はクレンシングを事前に行います)

まずは、洗顔のために顔を洗います。そこに、化粧水塗布してお肌の中の角質層に潤いを浸透させ、以後に使用する化粧品のための下地を作ります。

次に美容液を使用して、お肌に栄養を与えます。美白効果などと共に、お肌に潤いを施すことが出来ます。その後に乳液及びクリームを用いて、化粧水により浸透した水分が蒸発しないように整えます。

化粧水だけで大丈夫な人とそうではない人の違い

上記でお肌のケアのためには、化粧水だけでは十分ではないことについてお伝えしましたが、実は場合によっては化粧水だけでも問題ないこともあります。

オイリー肌の人は、化粧水だけで大丈夫

乾燥肌の人とは違って、オイリー肌の人は化粧水だけでも問題がないこともあります。なぜなら、元々肌に油性を含んでいますので、水性の化粧水の保湿効果が落ちにくいということが考えられるでしょう。

自分に合っている化粧水をつけている人は大丈夫

お肌の状態というものは、人それぞれです。元々潤いのあるお肌の人だけでなく、あまりお肌のダメージが気にならない人まで様々ですので、ご自身に合った方法のお肌ケアを身に着けていくことが重要です。

比較的入手しやすい化粧品ばかり使用している人は要注意

化粧品を購入する基準の一つとして値段があると思いますが、使用する化粧品があまりにも安価であれば、含まれている成分に問題がある可能性があります。安い化粧品には多くの場合、安いだけの理由があり、化粧水による得られる効果を妨げる成分が入っていることもあります。

化粧水だけでいくなら、ここに注意して!

上記で見てきましたように、十分な肌ケアを行うためには化粧水だけではなく、乳液並びにクリーム・美容液などその他の化粧品も併用しなければいけません。しかしどうしても、化粧水のみでケアを行う場合には、最低限注意すべき事項についてまとめましたので参考にして下さい。

保湿効果のある化粧水を選ぶこと

化粧水の大部分は水で出来ています。そのため、化粧水のみのケアでは、実は保湿成分が十分ではないため、はっきりした効果は見られにくいという特徴があります。

そのため、化粧水によるケアの結果、お肌が乾燥してしまうということになります。保湿効果が最も高いといわれる成分は、「セラミド」です。ヒアルロン酸やコラーゲンも保湿成分の代名詞としてよく耳にしますが、長期的にお肌に優しく潤いをもたらす機能のある「セラミド」が一番保湿成分として優れているとのことです。

化粧水だけで肌ケアをしようと考えている人は、化粧水・美容液・クリームなどお肌のケアをするための化粧品を一元化したオールインワンタイプの化粧品を使ってみるのも一つの手といえるでしょう。また、化粧水とオールインワンタイプのゲルなど組み合わせは自由でお好きなものをお試し頂けます。

お肌に優しい化粧品を選ぶこと

化粧品は薬品ですので、人によっては敏感なお肌を気付付けてしまう恐れがあります。そうならないように、化粧品の成分表示を確認するようにしましょう。一般的には、有機的な成分から出来ている化粧品は安全である可能性が高いですが、実際に使用してみて肌に合わなくなった場合には、すぐに使用を中止して様子を見ることも必要です。

化粧水を使ってどうなりたいか考えること

現在では、様々な技法により多くの化粧品が商品棚に並べられるようになりました。そうすると、単に「きれいになりたい」、「お肌のケアとして化粧品を使いたい」という基本的な希望以上の効果が期待出来るようになります。

例えば、化粧品を使って、「エイジングケアをしたい」、「有名な女優さんのようなぷるぷるのお肌になりたい」など目的に合った化粧水であるかどうかよく確認して使うようにしましょう。

お肌ケアの方法まとめ

・肌ケアには、化粧水だけで使用するよりも組み合わせて使う方が効果が出やすいです。
・ただし、例外的に化粧水だけでも問題ない場合もあるため、自分に合った使用を心掛けましょう。

化粧水と乳液には、それぞれが肌ケアの効果を高めるための性質があることが分かりました。

したがって、原則としては化粧水と乳液を共に使用することで保湿効果が一層に高まり、有効なお肌ケアにつながることになります。

ところが例外的に、化粧水のみの使用でも問題がない場合もあります。しかしながら、この場合でも本記事に記載した通りの注意事項をしっかりと守って、お肌にダメージが溜まることのないように十分と配慮しなければいけません。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA