育児

留守番看護のニーズ〜看護師、地域社会に求められる役割〜小児は?

訪問看護は、利用者の在宅に訪問し看護サービスを受ける仕組みです。

この記事では、留守番訪問看護サービスについてご紹介させていただきます。

留守番訪問看護サービスとは?

留守番訪問看護サービスとは、看護師が留守中で不在の家族の代わりに利用者の看護を行うことをいいます。

一般的には、「留守番看護」と呼ばれています。

対象者は主に未成年の子どもです。
親の仕事中や買い物の合間に、看護師が利用者の家を訪れて医療行為を行うことが目的です。

訪問看護の利用者の中には、常時医療行為を必要とする人が少なくありません。
しかし、仕事をしている家族が大半なので、常に利用者の側にいられるわけではなく、そのような家庭にとって留守番看護はなくてはならない存在になっています。
現在では首都圏を中心にサービスが広がっており、なかには乳幼児を対象とした留守番看護を行なっている訪問看護ステーションがあります。

しかし、地方では「子どもの看護は親がやるもの」という意識が現在でも根深く残っているので、なかなかサービスが広がっていない現状があります。

留守番訪問看護サービスに求められているもの

留守番訪問看護サービスに求められているものは、親の療養相談に乗ることです。
留守番看護に類似するサービスには、ベビーシッターや介護士などによる出張留守番サービスがあります。

しかし、留守番看護を利用している子どもたちは何らかの医療処置を必要としている人ばかりです。

そのため、有資格者である看護師が対応してくれることが親の安心につながります。
また、重症者でなくても、赤ちゃんの授乳相談や育児の悩み相談に乗ってもらえるサービスもあるので、子育ての強い味方になってもらえることがメリットです。

看護師の視点から相談に乗ってもらえたり、適切な助言を行なってもらえることがこのサービスの強みになっています。

筆者も子どもがいたら、有資格者である看護師に留守番をお願いしたいと思ってしまう限りです。

つまり、利用者のためというよりは、親のためという存在が大きいと考えます。
もちろん利用者のもしもの時に素早く対応してもらえる仕組みは整っていますが、一番や親の安心料として利用されている部分が大きいのが現状です。

留守番訪問看護サービスに対する看護師の見解

親にとっては安心である留守番看護ですが、現場で働く看護師からはどのように思われているのでしょうか。

結論から言うと、二分する考え方を持つ看護師が多いです。

具体的には、「困っている親子のためにできることをやってあげたい」と思う看護師と、「留守番看護は必要がない」と思う看護師がいることです。

まず、「困っている親子のためにできることをやってあげたい」という意見は、看護師の「人を助けてあげたい」という気持ちが現れていると思います。
看護師とは、人の役に立つことを望んでいる人が多いです。

人のためになり感謝をされることで、仕事のやりがいにつながるのですから、ある意味このような意見が出てくることは当然だと思います。

困っている親子のためにできることとすれば、留守番を頼みたい親のために子どもの面倒を見ることです。
なかには「ボランティアでも良いから家族のためになりたい」と考える看護師もいるぐらいです。

看護師の職務として、ボランティアで人助けをすることは割に合わないと思いますが、それだけ温かみのある人が多いことが伺えます。
また、人間には多かれ少なかれ「困っている人を助けたい」気持ちがあるのが一般的です。
困っている家族がいたら、なにかサポートをしてあげたいですよね。

そのための手段として留守番看護を行うことは、合理的に考えると良いことだと思います。
次に、「留守番看護は必要がない」という意見は、留守番看護を本来の訪問看護の目的にそぐわないと考えていることが伺えます。

訪問看護は子どもだけではなく、高齢者にもニーズがあるサービスです。
端的に言うと、高齢者の方が利用率が高いので、子どもに割く時間があったら高齢者に回したいと考えることも間違ってはいないと思います。
また、留守番看護を利用する子どもの数が少ないと、ステーション的にはニーズがないと考えられます。

あらかじめ約束済みの留守番看護であれば人手を確保することが出来ますが、急に依頼をされても人手を確保できないデメリットもあるでしょう。
訪問看護ステーションは、病棟や外来に比べると人員不足であることが多いです。
特に土日は少ない人数で動いているので、留守番看護に人手を取られてしまうと、それよりも重症者に適切な看護が出来なくなってしまうことも危惧されます。

もしくは皮肉的ですが、留守番看護をベビーシッター同様に考えている看護師も少なくないかもしれません。

看護師にプライドを持っている人ほど、「ベビーシッターみたいな仕事を看護師がやる必要はない」と言いがちです。
このようなタイプは一度プライドを捨てて原点に立ち返る必要があると個人的には思います。

留守番訪問看護サービスが社会に受け入れられるには?

留守番看護を受けたい親の心理は、「自分たちの支えになってほしい」というものでした。
看護師は、「助けになってあげたい」と考える派と「訪問看護が行う領域ではない」の2つに分かれることは前述させていただいた通りです。

しかし、社会的には留守番看護の認知度は低く、利用している家族も少ないのが現状です。
留守番看護を必要としていても、地域にサービス事業者がない場合や、人目を気にして利用できない家族も少なくありません。

このようなサービスが社会に受け入れられるには、どのように取り組んでいくことが必要なのでしょうか。

筆者は、医療行為が必要な家族を地域ぐるみで支えていくことが大切だと考えます。
親も人間なので、四六時中子どもと一緒にいたら疲れてしまうでしょう。
また、買い物などで遠出をしたいとも思います。

介護者にも好きなことをする権利があると思うので、まずは地域の見守り役が必要です。
そのような見守り役になれるのが、訪問看護師なのではないかと考えます。
看護師の資格は社会的に認められているので、いざという時に役に立ちます。
また、元看護師などを募集して、留守番看護サービス事業所を設立する取り組みも良いかもしれません。

子どもを支えることも大切ですが、一番は介護者である親を支えることです。
地域で子どもを介護している親を集めて、時折茶話会などを開いてみるのもいかがでしょう。

子育ての悩みを共有することで、勇気づけられると思います。
その会には訪問看護師が参加できるとよりよい茶話会になると考えます。
留守番訪問看護サービスがない地域ですと、これらの取り組みを行うことが難しいと思いますが、まずは自治体に要請を出してみると取り合ってくれるかもしれません。

留守番看護は現代社会にとって、ニーズのあるサービスだと考えます。
なぜなら、子どもを介護する親が人間らしく生きることを支えるからです。
介護は一人では決して成立するものではありません。

他人の手を借りて行うことが、今後より一層必要になります。

いざという時の助け舟として、留守番看護が地域問わず広がってほしいと思います。
そのためには、留守番訪問看護サービスの認知度を高め、地域住民の理解を得る活動が大切です。

さいごに

子どもを介護する親が留守番看護を利用して活き活きとした生活を送れることを期待しています。

【手順別】よく泣く赤ちゃんに試してみるべき方法9つ【なかなか泣き止まないとき!】初めての出産を終えて可愛い我が子に幸せいっぱいの日々。 しかしすぐに、なかなか泣き止まない赤ちゃんに悩むママも多いはず。 そ...
おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA