本気でみんなに知ってほしいおすすめダイエットアプリ!

少しでも痩せたいという気持ちがあれば、以下2つとも本当におすすめなので、とりあえずインストールしてみて、自分に合う方を長く使ってみてください!

それぞれタイプが違うので、どちらかはきっと合うと思います。ちなみに私は両方使っています。

個人的に健康ダイエットの一歩として一押しなのが、『あすけん』です。

『あすけん』のおすすめポイントは、簡単に食事の登録をするだけで、カロリーが分かるところです。

写真に撮るだけでメニュー登録もできたりします↓

管理栄養士からのアドバイスも確認できる画期的な仕組みです。

しかも無料会員登録。

毎日の歩数も自動で取れますし、とにかくおすすめです。

ダイエットは目に見える形で把握することでモチベーションを保てますので、ぜひ試してみてください。

パソコン/スマホどちらでもできます↓

あすけんをみる

 

あとは『FiNC AIとダイエット』もおすすめです。

こちらは有名なので、実際にすでに使っているユーザーも多いでしょう。

「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリで、ランキング1位を獲得(※2018/12/3〜2019/1/13)してます。

ただし、スマホのみの対応なので、パソコンの方は使えません。パソコンの方は先ほど紹介した『あすけん』を試してみて下さい。

こちらも歩数や食事のデータの登録ができますが、さらに最先端AI(人工知能)トレーナーが付いてくれます。

なので、ジムに通わなくても、専属トレーナーが付いてくれるような感じなので、ジムに通って人に指導されたくない!といった方には特に向いていると思います。

こちらもぜひ一度試してみてください。

スマホだけ↓

FiNC AI(スマホ)をみる

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
美容

【裏技も】美容院での白髪染めのポイントやメリット・デメリットまとめ

白髪染めをしたいのだけれど、美容院でしてもらったら良いのか、それとも自宅で自分の手でしたら良いのか迷っている。

そんな方に向けて、ここでは美容院で白髪染めをしてもらう場合のメリットとデメリットについて整理してみました。

白髪染めの選び方と注意点を徹底解説!個人差は有りますが、早い方ですと三十代の後半から白髪が生え始めるそうです。 まだまだ若くありたい、少しでも若く見せたいという気持ち...

美容院での白髪染めのメリット・デメリット

まず美容院を利用する場合のメリットですが、熟練者の仕事ですので何と言いましても仕上がりが綺麗で、染まり具合が良好です。

色持ちも良いですし、頭皮や髪へのダメージを極力抑える方策についても熟知しております。

このほか準備や後片付けの必要もありませんし、衣服などが汚れる心配も有りません。

 

次にデメリットですが、二週間もすると髪の根元部分に白髪が生じ始めるようです。

それから費用が高くつきます。

六千円から1万円が相場でしょう。

二、三時間という作業時間の長さも気になります。

予約が必要で、すぐにできないケースも少なくありません。

このデメリットを少しでも緩和する対策としまして、リタッチの利用をお勧めします。

リタッチというのは、髪が伸びてきたところだけを染めるという、いわゆる部分染めです。

髪全体を染めるわけではないので、費用も所要時間も抑えられます。

白髪が多い方や髪の長い方などは、自分で行うと染め残しやムラが出やすいので美容院に行く方が良いかもしれません。

とりわけ髪の長い方は仕上がりに均一性を持たせるためにも、美容院でプロの手による綺麗な仕上がりを実現するのも悪くはないでしょう。

またパーマをかけている方なども、美容院でカウンセリングをしてもらいながら染める方が良いと思われます。

パーマでダメージを受けている髪に更なるダメージを与えかねないからです。

美容師さんとよく話し合いをしましょう

最後に美容室を利用する場合の注意点ですが、自分の希望する色や仕上がり具合などを美容師さんにきちんと伝える事だと思います。

大雑把に伝えてしまうと、イメージしていた色に染まっていなかった、などとといった結果にもなりかねません。

それから、気に入った色に染まったから次回も同じ美容室でと、安易に決め込むのも考えものです。

使用する薬のメーカーが変わってしまっていたり、頭皮や髪のダメージ具合をみて美容師さんが自分の判断で薬を変えてしまったりする場合が有るからです。

 

ヘアカタログや雑誌の写真などを持って行くのも一つの方法です。

ともかく、美容師さんと納得のいくまで話し合う事が大切でしょう。

白髪が気になりだした時、心強い味方となってくれるのが白髪染めでしょう。

しかし、周知のごとくそんな便利な白髪染めには頭皮にダメージを与えるという難点が有ります。

へアカラー剤の弊害について怯えながらも、仕方なくヘアカラーを使い続けている方が多いというのが現状ではないでしょうか。

 

地肌にカラーの薬剤をつけずに根元から綺麗に染めるゼロタッチカラーという技術を紹介致します。

深刻な頭皮へのダメージを減らすゼロタッチカラーの技術

白髪染めのカラー剤は強いアルカリ性を持っているため、つけた瞬間に頭皮の水分の約一割が失われます。

また、白髪染めに含まれるジアミンなどの化学物質は、頭皮のかぶれを引き起こしやすいとされております。

ところがジアミンは、確かな白髪染めを実現するためには欠かす事の出来ない物質なのです。

通常の白髪染めでは、こうした厄介な薬剤を三十分近くに及んで頭皮にべた塗りするわけですから、後々頭皮に悪影響を及ぼすことは想像に難くありません。

現に、美容院では白髪染めによる頭皮のかぶれ、痒み、痛みを訴える利用客が多いようです。

こうした状況を受けて、美容院ではノンジアミンのカラー剤を使ったり、カラー剤を天然水や温泉水などで薄めて使ったりと、試行錯誤を重ねた様です。

そんな中、地肌にカラーの薬剤をつけずに白髪を染める事が出来る技術、ゼロタッチカラーが登場しました。

ゼロタッチカラーはまるで根元から染めてるみたい

具体的には、髪の根元の頭皮から数ミリの部分を外して塗らない様にし、あとは通常のカラーリングと同様に塗布します。

そして髪全体をラップして所定の待ち時間をおき、終了です。

結果は、不思議なことに通常の白髪染めと何ら変わらない様な、綺麗な仕上がりになっているのです。

しかも根元から染めないので髪がふんわりと立ち上がりやすくなるという効果も有ります。

ただデメリットとして、微妙さと高度な熟練度を要する技術なので、通常のカラーリングよりも時間を要します。

また、特殊な染め方ゆえに通常の白髪染めに比べて染まりムラが出やすいです。

それからゼロタッチカラーは熟練を要するため、自宅派の方が自身の手でというわけには行かない様です。

現段階では、美容院に行ってプロにやってもらうしか方法は無いと言えるでしょう。

少々のデメリットが有るとは言え、いつもは白髪染めの後に頭皮に痒みが出たり、ヒリヒリとした痛みを覚える様な方が、ゼロタッチで染めるとそうした悪い症状が出なくなったと好評の様です。

ゼロタッチカラーは、頭皮にダメージを与えず、綺麗に白髪染めが出来る確かな方法である事は間違いないでしょう。

最近の白髪染めは、例えばライトブラウン、ダークブラウンといった様に黒や茶といっても、微妙な違いの色が用意されています。

カラーバリエーションが豊富なのは嬉しいのですが、却ってどの色が自分にピッタリなのか迷う方も少なくないようです。

 

つぎに、色の選び方についてポイントとなる点を紹介致します。

色選びのポイント1.白髪の割合を確認

白髪染めは明るめの色を選ぶのが基本ですが、髪全体に対する白髪の割合によって色の感じが変わってきますので、予め確認しておきましょう。

と言いますのは、白髪と黒髪で色の染まり方が違い、白髪は鮮明に染色されますが黒髪は暗い感じに仕上がってしまうのです。

例えばブラウンで染めた場合、白髪が多い方はライトブラウンに、白髪が少ない方はダークブラウンに染まって見えます。

つまり白髪の量が多いほど明るい感じに、少ないほど暗い印象になる訳です。

ですから白髪の割合によって色を選ぶことが大事になります。

これと同じような現象は、身近な生活の中で見出す事ができます。

例えば黒地のボードに太めの赤マジックで字を書いたとします。

すると字はやや黒ずんだ赤に見えるはずです。

ところが白地のボードに赤マジックで字を書いたならば、字は鮮やかな赤になります。

つまり、地の色が暗いか、明るいかの問題なのです。

ですから白髪の少ない方は黒地に、多い方は白地になるわけです。

 

注意したいのが黒髪と白髪が同程度の場合です。

実は少し暗めに染め上がってしまいますので、希望の色より少し明るい色を選びましょう。

付け足しになりますが、日本人の白髪は真っ白ではなく、やや黄味を帯びているそうです。

ですからブラックなどで染めると、少し緑がかった黒に仕上がる傾向が有る様です。

色選びのポイント2.髪質を把握

白髪染めは髪質によっても染め上がりの色の印象が変わってきます。

太くて硬い髪質の方は、選んだ色より暗い感じに染まってしまいますので、明るめの色を選びましょう。

細くて柔らかい髪質の方は、希望通りの色に染まりやすいと言えます。

色選びに迷う場合もあると思います。

そんな時は、希望の色より少し明るめを選ぶ事をおすすめします。

染め直しがやりやすいですし、失敗も少ないと言えるからです。

また、パッケージなどにカラーの見本や仕法が書いてある場合もあるので、それを参考に色を選ぶと良いかと思います。

白髪染めをして、希望通りの色に染まらなかった、などの失敗談をよく耳にします。

色選びのコツをつかんで、理想の色に染め上がるようにしたいものです。

 

髪を傷めないで白髪を染めようと思った場合、まず白髪染めの選び方がポイントになります。

白髪染めと言えば、やはりヘアカラーが最もポピュラーでしょう。

ヘアカラーは染め上がりも良く、色持ちも長めなのですが、髪や頭皮への負荷が大きいというデメリットが有ります。

キューティクルを破壊し、化学変化を起こして染色するものですから、刺激が強いのです。
白髪染めについて回る、髪を傷めるというこの難点をどう克服すべきなのでしょうか。

まずは、ヘアカラーの使用を避け、ヘアマニキュアなど他のタイプに乗り換えるという方策です。

今はクリームタイプや泡タイプなど一般的な白髪染めだけではなく、シャンプータイプやトリートメントタイプなど多様化しております。

そして、いずれの製品も髪や頭皮へのダメージを極力軽減させるための改善と改良が、加えけられ続けおります。

中でも、髪を傷めないという目的であれば、キューティクルを破壊しないトリートメントタイプやヘアマニキュアタイプがおすすめです。

トリートメントタイプの白髪染めは、普通のトリートメントと同じように使うだけで、少しずつ髪に色が入っていきます。

一般の白髪染めと違って無理にキューティクルを開いて色を入れるという様な事はせず、髪の表面を染料でコーティングするだけなので髪への負担が小さくて済みます。

さらに、ほとんどの商品が植物由来など天然の成分でつくられているので、髪はもちろん頭皮にも優しいというメリットもあります。

ただしトリートメントタイプの白髪染めは1回で染め上げるという訳には行きませんし、色落ちも早いというデメリットがあります。

そうは言っても、中にはヘアカラータイプの白髪染めにこだわる方もおられると思います。

そんな方は、染める前と後でしっかりケアする事を忘れないようにしましょう。

とりわけ、染めた後の保湿が大事です。

白髪染めをした後は、しばらくの間キューティクルが開いた状態であるため、そこから水分が抜け出てしまい髪がパサついて傷みやすくなります。

ですから水分を失わないようにトリートメントをしっかりと行って髪を修復するようにしたいものです。

日頃のケアでも洗い流さないタイプのトリートメントを使ったり、馬油など天然由来のオイルを使うなどして髪の保護と保湿に努めましょう。

こうした事を怠らずに行えば、髪へのダメージを最小限に抑えられます。

 

白髪染めやヘアカラーを繰り返しているとある日突然、頭皮に赤みや湿疹、かゆみなどが出てしまうことがあります。

個人差は有りますが、許容量を超えて白髪染めをするとアレルギー反応がでてしまう様です。

頭皮などが赤く腫れたり、ヒリヒリするといった症状に始まり、引いては激しい咳や呼吸困難、目のかゆみなどを引き起こす事があります。

いわゆるアナフィラキシーショックが起きてしまうのです。

最悪の場合、顔がパンパンに腫れたり、命に関わる事も有る様です。

必ずパッチテストをしましょう

今の白髪染めは、昔と比べるとかなり刺激が弱くなっていると言われますが、それでもかゆみやかぶれなどのトラブルは頻繁に起きている様です。

特に、毒性が強いとされているジアミン系染料を配合した白髪染めを使う場合には、注意が必要です。

アレルギーを起こす要因が少ないトリートメントタイプやヘアマニキュアタイプの白髪染めを使っているので安心という訳にも行かない様です。

天然成分や自然由来の植物成分だからといってアレルギー反応が起きないとは言い切れません。

白髪染めアレルギーは本当に怖いです。

ですから白髪染めは、必ずパッチテストをしてその結果を確認してからにしましょう。

アレルギーがでれば、残念ですが白髪染めは止めるべきでしょう。

テストの結果が良くても、自分は大丈夫だと油断するのは禁物です。

加齢や体調、これまで蓄積された化学物質の影響などで、体の状態が常に変化しているからです。

ですから白髪染めの前には毎回、パッチテストを行うようにしましょう。

トラブルは、アレルギー体質の人が起こりやすく、喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎などを患っている人は白髪染めの際は十分に注意しなければなりません。

パーマ後の白髪染めは危険

また、パーマと白髪染めを期間を空けずに繰り返すのも避けるべきでしょう。

アレルギーだけでなく、急性脱毛症状が引き起こされ、髪が抜け落ちたり、脱毛が進行するケースがあるからです。

専門家は、髪が傷んでいる時はパーマも白髪染めもやめるべき、と忠告しています。

 

白髪が気になりだした時、どんな方法が有るでしょうか。

白髪を抜く方もおられますが、これは毛根を傷めてしまうので余り推奨できません。

生活の改善や頭皮マッサージを行っても、直ぐに効果が出るというのは難しいでしょう。

やはり心強い味方となってくれるのが白髪染めです。

ですが、あまり頻繁に染めすぎると髪や頭皮にダメージを与えることになります。

すると白髪染めはどのくらいの頻度で行うのが最適なのかという問題になりますが、理想は二か月に一回、多くても月に一回までとされております。

理想は二か月に一回の白髪染め

ヘアカラーなどの白髪染めが効力を発するのは、髪のキューティクルを剥がして染液が内部まで浸透するからです。

しかし、これは髪が本来持っている結合力を弱めることになり、染め直すたびに髪は弱ってしまいます。

また、体質によるなど個人差はありますが、頭皮へのダメージも無視できません。

頭皮のダメージによる影響は意外と大きく、せっかく白髪を染めても抜け毛やフケに悩まされるという結果を招きかねません。

ではダメージを最低限に抑えながら、きれいな髪の色を維持するにはどうすれば良いのでしょうか?

繰り返しになりますが、白髪染めの頻度は、二か月に一回程度が理想です。

髪の毛が伸びる日数を考慮しますと、このくらいの頻度で染めればきれいな状態を維持することができるでしょう。

自宅派は要注意

美容院で白髪染めをする場合には、美容師さんというプロが頭皮や髪の状態をみて善処してくれるので不安は少ないと言えそうです。

問題は自宅で自分の手で染める場合です。

とにかく長めに間隔をあける事を心掛けましょう。

素人の白髪染めですから、染まり具合の良さや色ムラを気にするあまり、どうしても使用する量と、染める頻度が多くなってしまいがちです。

もっと頻繁に染めたいなと思っても、月に一回までが限度だと考えておくべきでしょう。

それ以上の頻度で染めると、頭皮や髪に過度の負担がかかり、かえってデメリットの方が大きくなります。

ですから部分染めを上手に活用するようにしましょう。

二か月に一回美容院へ行き、その間に気になった部分だけを自分で部分染めするというのもよい方法です。

ともあれ理想の頻度を守って、綺麗な髪を維持したいものです。

白髪染めの選び方と注意点を徹底解説!個人差は有りますが、早い方ですと三十代の後半から白髪が生え始めるそうです。 まだまだ若くありたい、少しでも若く見せたいという気持ち...
おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おさらい】ダイエットのためのおすすめアプリ2つ紹介!

少しでも痩せたいという気持ちがあれば、以下2つとも本当におすすめなので、とりあえずインストールしてみて、自分に合う方を長く使ってみてください!

それぞれタイプが違うので、どちらかはきっと合うと思います。ちなみに私は両方使っています。

個人的に健康ダイエットの一歩として一押しなのが、『あすけん』です。

『あすけん』のおすすめポイントは、簡単に食事の登録をするだけで、カロリーが分かるところです。

写真に撮るだけでメニュー登録もできたりします↓

管理栄養士からのアドバイスも確認できる画期的な仕組みです。

しかも無料会員登録。

毎日の歩数も自動で取れますし、とにかくおすすめです。

ダイエットは目に見える形で把握することでモチベーションを保てますので、ぜひ試してみてください。

パソコン/スマホどちらでもできます↓

あすけんをみる

 

あとは『FiNC AIとダイエット』もおすすめです。

こちらは有名なので、実際にすでに使っているユーザーも多いでしょう。

「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリで、ランキング1位を獲得(※2018/12/3〜2019/1/13)してます。

ただし、スマホのみの対応なので、パソコンの方は使えません。パソコンの方は先ほど紹介した『あすけん』を試してみて下さい。

こちらも歩数や食事のデータの登録ができますが、さらに最先端AI(人工知能)トレーナーが付いてくれます。

なので、ジムに通わなくても、専属トレーナーが付いてくれるような感じなので、ジムに通って人に指導されたくない!といった方には特に向いていると思います。

こちらもぜひ一度試してみてください。

スマホだけ↓

FiNC AI(スマホ)をみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA