会社

【ビジネス】仕事ができる人になるための明日活用できる工夫!

「あの人は仕事がデキる」とか「あの人はデキない」とかは、頻繁にサラリーマンの間で語られる人気の話題です。「デキる・デキない」というのは、今や日常的に使われる言葉となっています。

ここでは、「仕事がデキる人」になるために明日から使える工夫を紹介していきます。

≪苦手な仕事からは上手く逃げよう!≫

「仕事がデキる人」の共通点を挙げるなら、「自分の能力特性の分析力」が上手いことです。

まず、自分は何が得意で何が苦手なのかを分かっています。もちろんオールラウンダーのエリートもいるでしょうが、多くの人は、得意・苦手があります。例えばアイディアがひっきりなしに出てくる一方でコンプラ周りは弱い、とか。その上で、得意な仕事に集中して、不得意な仕事は誰かにやってもらうという、一種の逃げが上手な人が「仕事のデキる人」として評価されるのです。

できないことからは上手に逃げると聞くと、ずるいと思う人もいるでしょうが、それが「デキる人」になるための近道です。

できないことを無理して引き受けてしまうと、当然ながら結果もイマイチ。それが「デキない奴だ」と評価される元凶になります。しかし、上から言われた仕事を断れないのも若手を中心としたサラリーマンの苦しいところでしょう。

少なくとも、20代のうちは仕事をえり好みできるような立場ではないでしょう。

しかし例えば、新しい企画に際してプロジェクトチームが立ち上がり、そこにあなたが招集されたとしたらどうでしょう?チームの中では必ず役割分担がなされます。「君は市場調査」「君は商品企画」「君は総監督」という具合で役割が振られます。もし市場調査が得意なら、苦手な仕事を振られる前に「このプロジェクトは○○が重要ですね。私はこの分野で人脈がありますから、私が引き受けますよ」といって、市場調査を買って出るようにします。

明日から実践!相手に伝わる「仕事がデキる人の」話し方!ビジネスでもプライベートでも「あれ、私の言ったこと、イマイチ伝わってないかも」と思ったことはないでしょうか。 自分だけはなぜか答え...

自分は大学で市場調査については一通りに勉強してきたとか、人脈があるということ、つまり自分の能力特性を理解しておけば、良い結果を出しやすい仕事を優先的に引き受けることができます。人脈があるというのも、あまり大袈裟に考える必要はありません。例えばゴルファー向けの商品開発なら、ゴルフを趣味にしていていろいろ意見をくれる友人がたくさんいるというだけで、十分な人脈になります。

仕事の難易度ではなく、どの仕事が自分の得意分野か、ということを基準にして仕事を選ぶといいでしょう。

例えば商品企画は一見して簡単そうで、かつ花形に見えますが、上手く思いつくことができなければ総スカンを喰らうことにもなりかねません。

それよりは、一見地味に見えても市場調査の方が得意なら市場調査を引き受けた方が賢明です。

問題は、自分は何ができて何ができないかという能力特性が分かっているか、あるいは、仕事を提示されたときに自分に向いたものか同課の判断ができるかどうかです。こういう分析ができていないと「君はこれをしなさい」と言われて「私にはできません」と答えてしまうか、一生懸命頑張ったけれども、良い結果が出ないうちに終わってしまうことになるでしょう。

本来、「これはできない」というのは、自分の能力特性を理解しているという意味では評価されるべきです。しかし、日本人はこれを嫌うのです。日本の社会では不思議なことに、「できることとできないことがハッキリしている」人間は嫌われてしまうのが現実で、「デキません」というのは得策ではないでしょう。逆にできもしない仕事を受けてしまうと、無能と言われてしまうのがオチです。

「できません」ではなく、デキる仕事を先にウケてしまうか、「それなら、この人が優れていますよ」などと上手に逃げることが重要なのです。

≪スペシャリストとゼネラリストのどちらが得策なのか≫

自分の能力特性が分かっているというと、1つの分野に特化したスペシャリストを目指すべきだと思われるかもしれませんが、そうとも限りません。

「専門技能を活かして転職」など、転職雑誌を筆頭にスペシャリストの時代の到来が盛んに叫ばれています。確かに得意分野があるとみられた方が、現状では高評価でしょう。

しかし、いくらスペシャリストが増殖しても、企業の中にゼネラリストが必要なことは変わりません。企業のトップがその最たる例で、何か1つに精通しているだけでは経営者にはなれないのが実態です。

つまり会社の中で出世したいとか、経営者になりたいということであれば、ゼネラリストとしての能力も磨く必要があるのです。単に一芸一能ということであるなら、ある所で出世の階段は途切れてしまいます。

スペシャリストがトップに立つのは、大学教授など限られた業界だけです。専門分野を極めたから与えられるのが大学教授の地位ですが、企業社会でそれは通用しません。
ただ、スペシャリストになるという開き直りも、有効な策かもしれません。突出した能力があれば、必ず何らかの仕事はありますし、リストラをされてもすぐに転職が成功する可能性が高いです。

また、業種業界によってはスペシャリストの収入が異常に高くなる例は少なくありません。生命保険の営業マンも、スペシャリストの頂点を極めれば1億円プレーヤーになることだって可能です。証券会社で自己資金取引を行うディーラーも、自分が相場で勝てるようになれば、数千万~億単位の収入にありつけます。外資系戦略コンサルタントも専門家の一種ですが、彼らの収入は軽く4桁です。

お気づきだと思いますが、スペシャリストは頂点に立てば破格の収入を得られます。しかし「そこそこ」では生活していくのが精いっぱいの状況になるのも確かですが・・・。
スペシャリストになりつつ今の会社で一定以上のポジションまで上りたいという人は、どうすればいいでしょうか。

まずは、やはり「1つの専門分野」を身につけます。自分の得意な仕事を深めていって、その仕事に関しては自他ともにスペシャリストだと認められるようになりましょう。
そこから先、ゼネラリストとしての能力を磨くということは、自分の専門外のスペシャリストといかに人脈を作るかということです。

スペシャリストになると、変にプライドが高くなる人がいます。自分の専門分野を究めると、過剰な自信がついて何事においても尊大になりがちです。こうした人は他人に頭を下げて「教えてください」が言えないのです。

そうならないように、自分の専門外のことは、その道のスペシャリストに素直に頭を下げて教えてもらいましょう。分からないことは分からないと開き直っていいのです。

頭を下げるのは無料だし、相手の自尊心を満たしてあげる効果もあります。スペシャリストは自分の専門分野で評価されると嬉しいものですから、相手の能力を褒めて教えを請えば、いい関係を築くことだってできるでしょう。

そうやって異分野のスペシャリストとのパイプがあることが、ゼネラリストとしての能力を養い、出世をする上で重要な武器になります。自分自身がオールラウンダーではなくとも、その道のスペシャリストとネットワークを持った人物は、リストラにも強く出世の可能性も強くなります。

≪観察する習慣が、後々まで響いてくる≫

人に頭を下げるというのは、若いころのどんな仕事にも役立つ能力です。新入社員のころや部署を異動したばかりのときは、何が正解か分からないまま仕事をこなすことになります。

そうした時期の最も賢明な習慣は、「できないことをできないと宣言して、できる人に教えてもらいながら進めることです」何でもかんでも教わってばかりだと「頼りないやつ」と思われるかもしれませんが、ここで見栄を張って全部自分で抱え込んでしまうと、いずれ破たんします。

ここで大事になってくるのが、喜んで教えてくれる人を探すことです。同じことを聞きに行っても、面倒臭そうにする人と、嬉しそうに教えてくれる人がいます。当然ながら自分との相性もあるでしょう。先輩の中で自分に親切にしてくれそうな人や味方になってくれそうな人をいかに見つけるかが大事です。

この能力を養うには、「観察」の習慣を身につけるのが近道です。自分に対しても他人に対しても観察力があると非常に便利です。

自分の能力特性を分析できて、同時に他人の能力特性も分析できる人間が、これからの時代は重要になります。

先輩に仕事を教えてもらう時、「この先輩に教わると仕事がはかどる」とか「この先輩の教え方は上手」というのが分かることもよくあります。単純に「教えてくれる」ではなく、自分にとってメリットのある形で教えてくれる人を発見するのがベストでしょう。

教えるという観点では「全体像の説明」→「部分的な説明」という具合に体系化されているかとか、その部署限定の言語を使わず、新人にもわかる言葉で説明してくれるとか、観点としてはいろいろあるので、シチュエーションによって観点を変えてみるといいでしょう。

新人の時代は、教えてもらってばかりでも「依存的だ」と思われることはありませんので、新人という立場を上手に利用して徹底的に頼り、教えてもらいながら仕事を覚えましょう。

その際に相手の能力も観察しておきます。つまり、教えてもらいつつ相手を評価するのです。教え上手な人は仕事ができる人と同義なことも多いです。少なくとも説明力については評価できますし、教え方が下手な人や変に威張っている人は、将来見込みがない人と見ることもできます。これから誰を担ぐべきなのかというのは、教えを乞うときに見出す必要があります。酒の席で担ぐ相手を選んでも、失敗する例が後を絶ちません。

教えてもらいながら相手を観察するというのは、かなりの高等テクニックに見えますが、繰り返しているうちに観察力が身につきます。

さいごに

ここまでで、苦手な仕事からは遠ざかること、スペシャリストとゼネラリスト、観察力を養う方法をご紹介してきました。すぐに身につくことではありませんが、取り組むことは明日からでも可能でしょう。

ここでお話したことを上手に利用して、「デキる人」に成長していってください。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

なぜか好かれる人の3つの特徴!悪用厳禁の心理術!(学生から社会人まで対応)入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境に...
おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA