心理術

【心理術】悪用厳禁!初対面の人に好印象を植え付けるテクニック!(学生から社会人まで対応)

入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境になじむことができるのか?

また自分自身がではなく、新しい上司・部下が異動してきたなど、強制的に新しい環境ができてしまう場合もあるでしょう。

ここでは新しい環境に飛び込む人に向けて、好印象を相手に植え付ける方法をお伝えしたいと思います。

≪人に好かれるメリットとは≫

人に好かれることと頭がいいことに関係があると聞いて、皆さんはどう思うでしょうか。関係はないだろうと思う方もいるでしょうが、ここではひとまず、「関係があるのでは?」という仮説のもとに読み進めてみてください。

どれだけ頭がいい人だって、自分一人で頭が良くなったのではありません。両親に恵まれ、教師に恵まれ、会社に入ってもいい先輩や上司に学んで成長していきます。独学で成功したような人もいるかもしれませんが、それはごく少数で、一般的には誰かの助けを借りて成長していきます。

これは当然と思われるかもしれませんが、社会人や主婦などの大人でも「頭の良い」友人や知人をどれだけ持っているかというのは、その人の頭の良さに直結してきます。

【好感を持たれる話し方・発言】悪用禁止!相手の懐に飛び込む心理術!(学生から大人まで)入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境に...

どんなに頭の良いと思っている人間でも、すべての物事に精通しているわけではないでしょう。必ず自分が詳しくない分野があります。そうしたときに手っ取り早く理解するには、その分野に詳しい人に教えを乞うのが最も良いでしょう。

例えば生命保険に入りたい人がいます。様々な雑誌や業界紙を読んで納得するまで勉強し、インターネット経由で加入しようとする人もいるかもしれません。

しかし最も合理的な方法は、そうした専門性のある知人に教えてもらうことでしょう。この場合は、そうした専門性の高いことを丁寧に教えてもらえるような人間関係を築けているかが重要です。

このことは保険に限らず、仕事や日常生活の様々な場面に共通しています。仕事で分からないことが発生したとか、マンションを購入したいけれどどうしたらいいか、子どもの教育をどうすればいいか、などなど。そんな場面で適切にアドバイスをしてくれる人がいるかどうかが「頭が良いか」どうかの分水嶺です。

優秀な人と交友関係を保てる人は、それだけ自分の「脳みその領域」が広いと考えていいでしょう。自分の頭脳だけでなく、他の優秀な頭脳も自分の頭脳として利用することができます。こうした人間になるには、「人に好かれる人」になることが重要です。誰も嫌いな人に何かを教えるなど、したくありませんから。

≪バカだから好かれる、ということではない≫

少し前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

日本人の持っている先入観の中に、「性格の良い人」と「頭の良い人」は別ものという考え方があります。頭の良い人は人に好かれず、孤独で自己中という先入観です。逆に性格の良い人は、ちょっと抜けたところがあるという具合です。

しかし、実はそうではありません。本当に頭の良い人は他人に好かれますし、人に好かれる人も何かしらの頭の良さ、物事の本質をかぎ分ける嗅覚のようなものを持っています。決して、バカだから好かれるということではありません。

現代のEQ理論や認知心理学の理論によれば、このような世間のバイアスとは逆に、「頭の良さ」と「人に好かれる」ことは密接に関連しているといわれます。逆に、いずれか一方だけが優れているという状態は珍しいと考えられています。

つまり、「人に好かれることを犠牲にして頭をよくする」という二律背反的な発想から脱却しない限り、成功者にはなりにくいということです。

一流企業の社長や出世した人と接していると、「頭の良さ」や「性格の良さ」を両方持っている場合が多々あります。東大を出ても出世できない人は、むしろ性格がズル賢いというか、性格が悪いケースが多かったりするものです。そうした人は、卒業後に慢心して勉強を怠ったか、本当に性格が悪いかのどちらかでしょう。

賛否両論ありますが、日本においては「人に好かれる」人間というのが、出世の重要な条件の1つです。決してそれだけが重要ということではありませんが、組織で仕事をする以上、円滑な人間関係を持っているということは評価される能力であり、強みとなります。

≪甘え上手の2つの条件≫

人に好かれる人間になるために、もう1つ捨てるべき先入観があります。それは「他人に依存してはならない」という論調です。

「パラサイトシングル」に対する批判的な論調は、いい年をした社会人が親元から独立できないのは、自立した大人ではないというものです。精神的にも経済的にも自立していない大人が増えているというのは、よく見られる論説です。

しかし、見方を変えれば、この先の見通しが立ちにくい現代にあって、お金がかかる一人暮らしをするよりは親元でお金を守りながら暮らす方が、頭の良い選択とも言えます。

あまりにも社会的に自立ができないような「引きこもり」状態は流石に憂慮すべき問題ですが、一概にパラサイトシングルを悪く見るのも早期というところでしょう。

それと同じように「依存してはならない」というのも偏った考え方で、実は「人に好かれる人間」は「甘え上手」でもあるのです。上手に人に甘えられる人間は頭が良いとも言えるでしょう。

では、上手な依存、上手な甘え方というのは、どのような条件があるのでしょうか。

1つ目の条件は「過度に依存しない」ということです。例えば、上司に対して夜の2時に「この医療保険の提案の仕方について、全くわからないのでゼロから教えてください」とLINEを送るのは、常識を外しているといえるでしょう。当然、その会社の中ではある程度まかり通るのかもしれませんが、「遠慮はするな、配慮はせよ」が通常でしょう。問題なのは、この部下の要求が常識の範囲かどうかです。

相手の常識といいますか、相手のキャパからして法外な要求、法外な依存をしないのが重要です。言い換えれば「節度のある依存」とでも言いましょうか。これが1つ目の条件です。
2つ目の条件はGive and Takeができるかどうかです。一方的にお願いするのではなく、相手にも同じように依存させてあげます。学生であれば、いつもノートをコピーさせてもらう相手に、試験に出そうな部分といった裏情報を提供してあげるとかです。

余談ですが、相手に依存させてあげるときのコツは、「自分が依存する前に相手に依存させる」ことです。相手の心の中に「この前助けられたからなぁ」と思ってもらえば、こちらの要求を快く、しかもより確率高く受け入れてもらえます。

また、営業部門と管理部門というように、部署同士のGive and Takeはあっても、個々人同士のGive and Takeが成立しにくい場合もあるでしょう。こうしたとき、営業部門の社員は、定期的に差し入れをしたり、管理部門に用事があるときに「お願いがありまして」ではなく、「いつもありがとうございます」から入ることで、驚くほど印象が良くなったりします。

Give and Takeというと、いかにも打算的に見えて抵抗感を覚える人も多いでしょうが、すべての人間関係は中長期的に見れば全てGive and Takeの理屈で動いています。一方的に相手に依存して、相手に「なんで自分だけ」と思われてしまうと、それは相手に嫌われる原因になったりします。

≪相手の潜在ニードを満たすと、Give and Takeは成立する≫

人間はいろいろなニードがあるものですから、一言でGive and Takeと言っても様々な形があります。中には、一見してGive and Takeが成立していないように見えて、実は当人同士では成立していることもあります。

例えばクラスに秀才がいて、馬鹿正直だけが取り柄の劣等生にいつも勉強を教えていたとします。一見すると、この秀才が一方的にGiveしているように見えます。しかし、この劣等生から「お前すげぇな」と褒められたり、勉強を教えている姿が人望につながっていることがあるとすれば、それはこの秀才の自尊心やクラス内での存在感という利益があります。そしてこの秀才の承認欲求が満たされるのであれば、これはこれでGive and Takeが成立しているのです。

つまり、相手の潜在的なニードを見抜かない限り、Give and Takeは簡単には成立しないということです。潜在ニードを見抜くのは非常に高度なスキルではありますが、このスキルが身につくと、人間関係は急激にうまく回り始めます。

先ほどの「過度に依存しない」というのも、相手によって何が「過度」であるのかは異なります。先に出した上司に、午前2時の依頼が過度だったのか、ゼロから教えるのが過度だったのか、はたまたその両方なのか。時間に関係なく頼られるのが嫌な人もいれば、全面降伏した相手に手を差し伸べるのが面倒な人もいるでしょう。

相手の潜在ニードを読む力は、学力レベルとは関係がありません。勉強ができて東大を卒業しても、この能力が欠如している人間はいくらでもいます。

しかも現代では、相手の気持ちを読むトレーニングをする機会が少なくなっているのも事実です。友人の悩みを聞いてあげるとかも含めて、学校生活の中で腹を割って本音を話す機会が減っているともいわれています。

こうした観点で見ると、体育会系の人たちは、「全員で一丸となって勝負をし、全員で喜び、全員で悔しがる」という経験をします。こうした経験から共感力が育ち、お互いにどのような気持ちになるのかがよく分かるようになるということです。

こう考えると、かつての受験戦争というのは、高校生にとって共感力のトレーニングの場であったのかもしれませんね。だから赤門会や三田会など、難関大学の同窓会は「同じ気持ちを共有した者同士」として盛んにおこなわれているのかもしれません。

今でも難関大学は依然として難関ですが、大学全入時代と呼ばれるようになってしばらくたちました。「全員で壮絶な受験戦争に突撃し、全員で喜び、全員で悔しがる」経験の場は、確かに減っています。

さいごに

ここまでで、人に好かれるメリットと甘え上手になる方法をお伝えしてきました。今日の今から実践して、ご自身の魅力をより多くの人に気付いてもらってください。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

【好感を持たれるコツ】悪用禁止!相手の懐に飛び込む心理術!男性必見入学、転校、就職、異動、転職、新しい営業先・・・新しい環境に飛び込んだときに必ずと言っていいほど心配なのが人間関係。果たして新しい環境に...
おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA