本気でみんなに知ってほしいおすすめダイエットアプリ!

少しでも痩せたいという気持ちがあれば、以下2つとも本当におすすめなので、とりあえずインストールしてみて、自分に合う方を長く使ってみてください!

それぞれタイプが違うので、どちらかはきっと合うと思います。ちなみに私は両方使っています。

個人的に健康ダイエットの一歩として一押しなのが、『あすけん』です。

『あすけん』のおすすめポイントは、簡単に食事の登録をするだけで、カロリーが分かるところです。

写真に撮るだけでメニュー登録もできたりします↓

管理栄養士からのアドバイスも確認できる画期的な仕組みです。

しかも無料会員登録。

毎日の歩数も自動で取れますし、とにかくおすすめです。

ダイエットは目に見える形で把握することでモチベーションを保てますので、ぜひ試してみてください。

パソコン/スマホどちらでもできます↓

あすけんをみる

 

あとは『FiNC AIとダイエット』もおすすめです。

こちらは有名なので、実際にすでに使っているユーザーも多いでしょう。

「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリで、ランキング1位を獲得(※2018/12/3〜2019/1/13)してます。

ただし、スマホのみの対応なので、パソコンの方は使えません。パソコンの方は先ほど紹介した『あすけん』を試してみて下さい。

こちらも歩数や食事のデータの登録ができますが、さらに最先端AI(人工知能)トレーナーが付いてくれます。

なので、ジムに通わなくても、専属トレーナーが付いてくれるような感じなので、ジムに通って人に指導されたくない!といった方には特に向いていると思います。

こちらもぜひ一度試してみてください。

スマホだけ↓

FiNC AI(スマホ)をみる

不動産・マンション

火災保険は掛け捨てと積み立てのどちらを選ぶべきか?メリット・デメリット紹介

火災保険にも生命保険のように「掛け捨て」と「積み立て」のタイプがあります。
新築や分譲の建物を購入して、これから火災保険に入ろうと考えたら、長期的に火災保険を契約することになるでしょう。

保険期間が満了すると満期保険金が戻ってくる、積み立ての火災保険と、保険料が安い掛け捨ての火災保険を考えてみると「積み立て」の方が、お得なのではと思ってしまいます。

では、実際に火災保険がお得なのはどちらになるか、それぞれのメリットデメリットを探ってみました。

掛け捨てと積み立て保険の違い

掛け捨ての保険と積み立ての保険の違いは、火災保険以外の保険でも意味合いは同じです。

掛け捨ての保険は、保険期間途中で解約しても満期終了をした場合でも、保険金を請求するような事故に遭遇しない限り、支払った保険料が、余分に戻ってくることはありません。

積み立ての保険ですと、保険期間途中で解約した場合に返戻金があり、一定期間や契約を満了すると積み立て分の保険料が、満期保険金として、戻ってくるという違いがあります。

掛け捨ての火災保険

大手損害保険会社やダイレクト系の火災保険は、ほとんどが掛け捨ての商品を多く取り扱っています。火災保険は1年から10年までの契約期間があり、保険料の支払い方法は「月払い・年払い」とあり、保険期間や支払い方法について、ライフスタイルに合わせやすいところが、特徴です。

掛け捨てのメリット・デメリット

掛け捨ての火災保険を選ぶメリットは、保険の見直しがしやすいことです。
保険期間途中に、他の保険会社に乗り換えやすく気軽に契約できます。
また、プラン変更もしやすく時代にあわせた商品を選びやすいのもメリットです。

掛け捨てのデメリットとなると、やはり保険を満了しても満期保険金がなく、保険を使うようなことがなければ、ただ保険が終了となります。

掛け捨ての火災保険をオススメする人

火災保険を掛け捨てで選んだ方がよい人は、転居が多く短期間の保険を選びたい場合や、節約のため、よく補償内容を見直して比較検討するタイプ人です。

他の保険契約で、既に積み立て保険に加入している場合に、火災保険は掛け捨てにして、保険料を安くしたい人にも、おすすめします。

積み立ての火災保険

共済系の保険で多いのが、積み立ての火災保険です。大手損害保険会社でも掛け捨てと積み立てと両方の火災保険を設けているところもあります。長期契約で、保険料を積み立てるため、貯蓄と考えることができ、新たに家を購入したタイミングで選ぶことが多いでしょう。

積み立てのメリット・デメリット

積み立ての火災保険を選ぶメリットは、一定期間や満期にあわせて、満期保険金が戻ってくることです。

ただし、掛け捨ての火災保険より保険料が高くなるというデメリットがあります。また、保険期間途中に全損してしまうと、満期保険金が支払われないため、必ずしも積み立てた分の返礼金を貰えるとは限らないのもデメリットです。

積み立ての火災保険をオススメする人

保険料が高くても満期保険金を重視したい、掛け捨ては勿体無いと考える場合には、積み立ての火災保険を選んでも良いでしょう。
積み立ての火災保険にすると解約しにくいため、自分で貯蓄していくことが苦手な人には、火災保険を積み立てにするという方法をおすすめします。

建て替えしたら火災保険はどうなる?

家の建て替えの時に、継続中の火災保険があると途中で解約するのが一般的です。
しかし、積み立ての火災保険に入っている場合にはどうしたら良いでしょうか?

掛け捨ての火災保険なら、新築の建物にあわせて、今までの火災保険を解約して新規に契約するだけなので、とくに面倒な手続きも不要です。

積み立ての火災保険は、保険期間途中に解約をすると、解約返戻金は戻ってきますが、満期保険金よりも返礼金額が、少し抑えられてしまいます。
満期まで残りが、何年もあるなら解約を検討することも視野に入れて良いですが、あと1年や2年で満期だとしたら、満期まで契約して満期保険金をもらいたいと思うでしょう。

また、積み立ての火災保険の保険金額より、新築の建物が高額だった場合にも問題になります。満期まで積み立ての火災保険に入っておきたいけれど、万が一全損しても、保険金額が足りないわけです。この場合は、足りない金額を上乗せのした火災保険を別契約で入る方法で補えますが、一時的に2つ火災保険を契約することになります。

このように、建て替えをした場合に、掛け捨てと積み立ての火災保険では、大きな違いが出てくることがわかります。既に積み立ての火災保険を継続している場合には、保険料の無駄を防ぐためにも、保険期間の満了を考慮しながら、建て替えの計画をしてみることをおすすめします。

結局のところ火災保険の積み立てより掛け捨てが良い?

火災保険といえば積み立てと言う時代もありましたが、現在では、大手の損害保険会社の主力のほとんどが、掛け捨ての火災保険です。

もちろん、掛け捨てと積み立てと両方の火災保険を取り扱っている保険会社も多くありますが、プランのバリエーションが豊富な掛け捨ての火災保険で、保険料に無理なく加入という傾向が主流です。

火災保険は、火災の補償以外にも自然災害や日常生活における補償を幅広く取り入れたプランが目立るようになっており、積み立ての火災保険より自由度が高いくライフスタイルの変化に合わせやすい面で有利と考えられます。

以前の火災保険のように35年の長期契約が、できなくなった現在では、積み立ての火災保険の満期保険金の利率が高いとは言えないのです。
それでも、保険が満了すれば全額は戻ってくると考えれば、お得かもしれませんが、積み立ての火災保険の場合、なんらかの事情で途中解約や、建物が全損するような事故にあった時に、満額戻ってこないという不安もあります。

火災よりも台風や大雪など自然災害の被害が、多くなっている昨今では、火災保険の支払う保険料を抑えなが、手厚い補償で万が一に備えることが、重要視されています。

損害保険会社も時代にあわせて、今までよりも補償内容の見直しを頻繁に行うようになってきました。その点を考えてみると、私たち保険を契約する側も、自分にあった補償内容をいつでも見直していくように、心がけていることが、実質無駄のない火災保険の契約ができると言えるのではないでしょうか。

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おさらい】ダイエットのためのおすすめアプリ2つ紹介!

少しでも痩せたいという気持ちがあれば、以下2つとも本当におすすめなので、とりあえずインストールしてみて、自分に合う方を長く使ってみてください!

それぞれタイプが違うので、どちらかはきっと合うと思います。ちなみに私は両方使っています。

個人的に健康ダイエットの一歩として一押しなのが、『あすけん』です。

『あすけん』のおすすめポイントは、簡単に食事の登録をするだけで、カロリーが分かるところです。

写真に撮るだけでメニュー登録もできたりします↓

管理栄養士からのアドバイスも確認できる画期的な仕組みです。

しかも無料会員登録。

毎日の歩数も自動で取れますし、とにかくおすすめです。

ダイエットは目に見える形で把握することでモチベーションを保てますので、ぜひ試してみてください。

パソコン/スマホどちらでもできます↓

あすけんをみる

 

あとは『FiNC AIとダイエット』もおすすめです。

こちらは有名なので、実際にすでに使っているユーザーも多いでしょう。

「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリで、ランキング1位を獲得(※2018/12/3〜2019/1/13)してます。

ただし、スマホのみの対応なので、パソコンの方は使えません。パソコンの方は先ほど紹介した『あすけん』を試してみて下さい。

こちらも歩数や食事のデータの登録ができますが、さらに最先端AI(人工知能)トレーナーが付いてくれます。

なので、ジムに通わなくても、専属トレーナーが付いてくれるような感じなので、ジムに通って人に指導されたくない!といった方には特に向いていると思います。

こちらもぜひ一度試してみてください。

スマホだけ↓

FiNC AI(スマホ)をみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA