生活

【ノロウィルスの感染対策について】ノロウィルスの季節 今年も冬がやってくる。

皆さんノロウィルスというウィルスをご存知でしょうか。
ニュースなどでも度々取り上げられご存知の方も多いと思います。
冬・カキ・食虫毒というワードが連想されるかも知れませんがそれだけではありません。
今回はそんなノロウィルスについてお話したいと思います。

ノロウィルスとは?

ノロウィルスはカシリウィルス科に属するウィルスで急性の胃腸炎を引き起こすウィルスです。

ニュースなどでも取り上げられることがある様に集団食中毒などを引き起こすことがあります。

以前は冬に流行するウィルスというイメージでしたが現在では通年見られると言われていて冬以外でも注意が必要です。しかし、やはり秋から春にかけて特に冬場は患者数が増加するということも言われていて特に注意が必要です。

このウィルスの厄介な点を二つあげますとずばり感染力とウィルスの耐久力です。

ノロウィルスは感染力が非常に強く極少量のウィルスが体内に入り込むことで感染することが知られています。

下痢や嘔吐が見られる際は便・嘔吐物中には多量のウィルスが含まれていますので感染しないように注意が必要です。

またこのウィルスは他のウィルスとは違う耐久力を持つことが知られています。

インフルエンザウィルスなどはアルコール消毒薬などで消毒出来ると言われていますが、ノロウィルスはアルコール消毒に抵抗力がありアルコール消毒薬では消毒しにくいと言われています。
(実際、どの程度耐久力があるのか詳しいことははっきり解っていません)

どうやって感染するのか?

ノロウィルスは基本的に口からウィルスが侵入することで感染します。

ノロウィルスがニュースで取り上げられていた際は、カキなどの2枚貝からの感染ということが盛んに言われていました。

現在でもカキなどの2枚貝は注意が必要ですが、現在ではそれ以外の感染経路が注目されています。

ノロウィルスに感染した人の排泄物中に含まれるウィルスが人の手などを介して食べ物などから感染する2次接触による感染経路が要注意とされています。

特に調理する人がノロウィルスに感染していた場合は多くの人にウィルスを感染させてしまう危険があるので、調理師や給食などの調理に従事する人は特に感染しないように注意しています。

感染するとどうなるの?

ノロウィルスが人の体内に侵入後、1日から2日くらいの潜伏期間を持って症状が現れるとされています。

嘔吐や水様性の激しい下痢が見られます。

下痢や嘔吐などの症状がメインとされていますが、発熱や筋肉痛などインフルエンザのような症状が認められることもあると言われています。

時に1日に20回以上とも言われる激しい下痢症状が見られることもあるので、脱水症状などにならないように注意が必要です。

特に乳幼児や高齢者の方は脱水症状などにならないように注意が必要です。
下痢などの症状は2から3日で快方に向かうと言われていますが、注意が必要なのはここからです。

下痢などの症状がおさまってからもしばらくの間は便中に多量のウィルスが排出され続けると言うことが言われていますので、症状が治まってもしばらくの間は周りの人に感染させないように注意が必要です。

さらに厄介なことにノロウィルスには不顕性感染ということがおこることも知られています。

下痢・嘔吐などの症状は無いけれど、感染は成立していて便の中にはウィルスが排出されているという状態です。

感染している本人には自覚症状が無いので知らないうちに周りの人に感染を広げてしまっているということもあるので要注意です。

治療法はあるの?

現在、ノロウィルスに特効薬などの有効な治療薬は開発されていません。
症状が治まるまで対症療法でしのぐしかないと言うのが現状です。
なにより感染しないように注意することが一番と言われていますが、ワクチンなどもなく
感染しないようにするには日ごろからの感染予防に努めるしかないと言うのが現状です。

ノロウィルスを防ぐにはどうすればいいの?

ノロウィルスの対策(手洗い)

まず初めにお伝えすることですが、家庭内でノロウィルスが発生した場合その感染拡大を防ぐことは非常に困難であると言われています。

なので日ごろからまずは感染しないように努めることが大切です。
ノロウィルスの対策ですがまずは手洗い等の徹底が重要です。
特にトイレの後や食事の前など要所、要所において流水と石鹸での手洗いというのは様々な感染症を防ぐうえでの基本となります。

少し話がそれますがトイレの後は必ず良く手を洗ってください。

そんなの当たり前だと言われる方も多いと思いますが、トイレの後の手洗いに注意が必要とされる理由はトイレの後には必ず手に雑菌が付着すると言われているからです。

トイレの後にトイレットペーパーでお尻を拭いたりしますが、トイットペーパーでは手の汚れを阻止することは出来ても細菌やウィルスは防ぐことが出来ないからです。

人の目で見ると通り抜ける穴など無いように見えますが、顕微鏡などで見るとトイレットペーパーには繊維と繊維の間に隙間があることが確認できます。

細菌やウィルスはこの隙間を通り抜けてしまいます。
そのため、トイレの後の手洗いはいつもより丁寧に行わなければいけません。

ノロウィルスの対策(消毒薬)

次にノロウィルスに有効な消毒についてですが、一般的には0.1%の次亜塩素酸ナトリウムの水溶液が良いと言われています。

良く解らないと思われる方も多いかと思いますが、これを用意することは簡単です。
一般的な衣類・食器の漂白に使用する漂白剤は大体数%の濃度の次亜塩素酸ナトリウムの液となっていますので約50倍程度に薄めて頂けば0.1%となります。
(漂白剤には塩素系、酸素系など種類がありますので成分に注意してください)

もし、誰かが感染して嘔吐してしまった場合や便が便器の周りなどについてしまった場合はこの消毒薬を使っていただくのが有効と言えます。

この時の注意点を2つほどご紹介させてもらいます。

一つは消毒する際は必ず汚れを落としてから消毒するということです。
嘔吐物や便の上から消毒をしても消毒の効果が十分に得られないことがあります。まずは汚れを落としてから消毒するようにしてください。
(次亜塩素酸ナトリウムの弱点として有機物やパルプ材によって効力が失われると言うのがあります。消毒の際は必ず汚れを拭きとってから消毒してください。)

二つ目ですが、上記にもある通り次亜塩素ナトリウムの消毒薬はパルプによって効力を失うと言われているので、消毒する際はトイレットペーパーやキッチンペーパーなどの紙類ではなく、雑巾などの布に染み込ませて消毒するようにしてください。
木製の家具などを消毒する際にも同様のことが言えます。
もし、消毒が難しいような場合でもアルコール消毒薬などで拭き掃除を行うことも重要です。消毒することは難しくても、物理的に取り除いてしまうことは可能だからです。
このように消毒を行う際は消毒するものの材質ややり方に注意が必要です。

ノロウィルスの対策(加熱)

ノロウィルスに限らず食中毒など全般に言えることですが、加熱はあらゆる病原体を防ぐうえで有効な手段となります。

85℃以上1分以上の十分な加熱でノロウィルスなどほとんどの食中毒の病原体は撃退出来ます。(食中毒菌の中には加熱が効かないものもいるので注意!)

これは食品以外の物にも言えることで布巾やタオル・ハンカチなどはお湯につけてやることでノロウィルスを撃退出来ます。

漂白などが難しい場合には煮沸や熱湯につけると言うことも有効な手段となります。

感染対策の考え方

最期になりますがこんな話を見ると外でトイレに行くのもためらわれると思われるかもしれませんが、決して不安を煽ろうとしているわけではありません。

過度に潔癖になりすぎることで余計な健康被害に見舞われることもあり得ます。
元々、人の体には多くの常在菌と呼ばれる共生細菌がいますし、身近な環境中にもウィルスや細菌・カビなど多くの微生物が潜んでいます。

それらのものと上手く付き合っていく上では、どこにどんな危険があってどんなことに注意したら良いかという知識を得ることが大切です。

なので過度に敏感になるのではなく危険について知り十分な対応が出来るようになることが一番です。
今回のご紹介が少しでも皆様がたの生活・健康を維持する上での一助になればと考えています。

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA