生活

出産が不安なお母さんに向けて、アドバイスを10個書きます。

今日は、これから出産を控え、ママになろうとしているお母さんに向けて、情報を発信しようと思います。

何か役に立てれば幸いです。

特に、はじめての出産を迎え、右も左もわからないような新米ママさんに向けて情報を発信します。

【出産前用意】里帰りをする方に向けてやること・すること10選まとめ!これから出産を控え、自分が生まれた実家に戻って子育てをしていく方に向けて、持っていて損はなかったものや、これが大変だったと言ったことを記...

アドバイス1,出産準備品はたくさん用意しなくても、ある程度いただけるので買いすぎなくて大丈夫ですよ。

新しく赤ちゃんを迎えるにあたって、出産準備品などを買い揃えている方が多いと思います。筆者の経験上、出産祝いで後からいろいろいただけるので、必要なかったなと思うものも多かったです。ですので、ある程度、必要最低限のもの以外は買わずにいていいと思います。必要最低限のものというと、沐浴用のお風呂や赤ちゃんの着るものは最低限必要ですが、スタイなどは出産祝いで沢山いただけたので、あまり必要ありませんでした。

それから、ミルクもそうなのですが、母乳で育てる方が多いと思うので、そこまで必要としませんでした。哺乳瓶を買うのも完母で育てる方には必要ないと思います。オムツは必要ですが、なるべく安く帰るようにしたほうが経済的です。赤ちゃん用品は何かと高いですし、結構消耗します。ですので少しでも安く帰るようにするべきだと思います。内祝いなどの異費用も含めて、結構な金額が飛んでいきますし、入院出産時にも出産一時金が出るにせよとても高い値段になると思います。その時のことを考えて今のうちから沢山貯金しておいたほうが良いでしょう。

アドバイス2,なるべくお金を使わないようにしましょう。

一番にも書いたように、出産後出産はとてもお金がかかります。いくら出産祝いを頂いたからと行ってそれだけではまかないませんし、とにかくどんどんお金が吹っ飛んでいきます。

赤ちゃん用品は何かにつけて高いです。ですので、あえて新品にこだわらない方は、メルカリやヤフオクなどを利用して、賢く安く買ってみてください。その方が絶対にお得です。その方がとても安く住みますし、赤字にならなくて住むと思います。産後用品はなるべく安く済ませることに限ります。どうしても新品が良いの!という方以外はそうしたほうが後々のことを考えると良いと思います。児童手当がもらえるからと言って、あまり期待しなくてもいいと思いますよ。

アドバイス3,マタニティブルーにならないように、まわりに相談できる人を持ってください。

マタニティブルーになる確率のママさんも多いですので、自分一人でなるべく抱え込まないことをおすすめします。今の現代社会では核家族化が進んでしまって、どうしても1人で抱え込んでしまうお母さんが多いと思います。なので、そうならないように、お母さん1人で抱え込むような環境を作らないでください。その方が自分のためにも子供のためにも良いと思います。

マタニティブルーになってしまうと、自分の事もままならないくらいに悲惨になってします。なので、子供のせわなんてとてもじゃないけど無理、というようになってしまいます。自分の事もままならないまま子供を育てることは出来ませんし、赤ちゃんにとっても可哀想になってしまうので、このままではよくない、ということを自覚できなくなってしまいます。自分の内面のことはなかなか人に相談しづらいですが、やっぱりそのままにしておくとお母さんが辛くなってしまいます。人に相談することはおかしいことでもなんでもありませんし、むしろそのままにしておいたほうが良くないと思います。ですのでしっかりと相談できる相手を見つけて相談してください。

アドバイス4,1人で抱え込まないように、役所と連携してくださいね。

三番にも書きましたが、これが一番大事なことです。役所と連携することはとても大事で、特に自分の住んでいる役所が行っていることは細かくチェックすることが大事です。

その役所ごとに行っていることは様々ですから、やっぱりその役所ごとによく調べておくことが大事だと思います。おかあさんが1人で取り残されてしまう、ということが内容にすることが一番大事です。役所ではきちんと話を訊いてくれる匪徒がいますし、きちんとそういうことに対して対応してくれるところが必ずあります。なので、しっかりと相談してみてください。

5,お母さんもリラックスできるように、たまにはおじいちゃんおばあちゃんにあずけてリフレッシュしてください。

お母さんが子供の世話ばっかり見ていると、有る日ぷつんと切れてしまうと思います。なので、たまには旦那様やおじいちゃんおばあちゃんに見てもらうようにしてください。その方が絶対に楽だと思います。楽と言ってはいけませんが、やっぱり誰かに見てもらうだけでほっとしますし、ずっと離れないとしんどい部分があります。なので、そのまましんどいことを続けていると困りますから、あまり溜め込みすぎず、開放してくださいね。そういう時間も大事です。そういうことが出来る人ほど子育ての息抜きが上手なんだと思いますよ。しっかりと息抜きをして、トゲトゲギスギスしない育児子育てを行ってください。

アドバイス6,産後1か月は、とにかく何もせず特に目を使わずに、休めてください。

息子二人を育てている筆者の経験から、産後1か月はとても大事な1か月となります。お母さんの母体を良くするためにも、そして、お母さんの体調を元通りにするためにも、時間がかかりますから、まわりの人に頼んでとにかく休めるときには休んでください。筆者の経験上、特に目を酷使してしまうと良くないです。目を沢山使いすぎて、めまいがおこって、天敵を売った経験があります。あまり使い過ぎないようにしてくださいね。一番いいのはスマホの画面を見ないことなのですが、現代人は無理ですから、少しでもスマホから目を話すことが大事だと思います。

アドバイス7,あまり緊張し過ぎないことが大事です、アロママッサージを受けることもおすすめですよ。

これは筆者が実際に入院時にアロママッサージを行っている産院で出産した経験から言えることなのですが、アロママッサージは良いですよ。アロママッサージを念入りにしてもらうだけで気持ちが楽になりましたし、ストレス発散できリフレッシュできました。

そういう時間が確保できない御カアサンで衆いと思いますが、もし取れるような環境にいるお母さんがいたらぜひやってみてください。それが無理なお母さんでも、役所の制度を利用して、たまには自分の時間を確保してどこかにプラーっと出かけてみたりもしてください。

そして、出産に対してあまり緊張し過ぎないことも大事です。緊張しすぎてしまうと、とてもつらくなってしまいますし、緊張が赤ちゃんに伝わってしまいます。ですから、なるべく緊張しないように、赤ちゃんをいたわるようにリフレッシュしてみてくださいね。

アドバイス8,出産するときはとても痛いと思っていると思いますが、そこまで身構えなくてもすぐに終わると思いますよ。

陣痛のことを色々な情報を得たりしているお母さんが多いと思います。雑誌などにも取り上げられていますからね。でもそこまであまり気構えなくても大丈夫だと思います。陣痛は初産婦さんはとても痛いと言いますが、それを乗り越えるまで辛抱できるくらいの痛さなので、大丈夫です。やれば出来る、という感じですね。頭が出てくるときは鼻からスイカ、と例えられますが、やっぱりそれはあたっていると思います。そのくらいの痛さはありますが、産んでしまえば後は楽ですので、そこまで身構えなくても大丈夫です。それから身体を温めておくことが大事だと思いますよ。女性は冷えてはいけないですからね、お年寄りになってから色々出てきますから。

アドバイス9,出産時の痛みよりも実は、出産後の痛みのほうが強かったりします。

出産時は痛いですが、それよりも産後の痛みのほうがしんどかったりします。これは筆者の経験上ですが、切った場合はその切り口がひりひりして痛いので、痛み止めをずっと頂いていました。そのくらい産後の痛みのほうが響いていました。出産してしまえば楽と言いますが、産後は痛かったので、それは予定外の痛さだったんですよね。あまり雑誌などにも書かれていないことと思いますから、これは頭の片隅に入れておいたほうが良いかも知れませんね。

アドバイス10,入院生活は思いっきりおいしい食事が出ますので楽しみですよ。

ほとんどの入院場所で食事が豪華なものが出てくることと思います。入院時の時の楽しみとしてとっておくと良いと思いますよ。赤ちゃんを運だということがとても立派なことなので、ぜいたくをしてください。私、こんなに頑張ったんだ、という気持ちでお祝い食をいただけると良いと思います。入院時は看護師さんや助産師さんがいるのでとても心強いですよ。なので、しっかりと入院中にわからないことは聞いてください。その方が家に帰った時に楽だと思います。ベテランの助産師さんに聞くことが一番大事です。心強いですよ。

まとめ

子供を育てるということは、とても責任がのしかかってくることと思います。そんななか、子育てをしながら仕事を頑張るお母さんもいらっしゃることと思います。

子育ては何もかもが思い通りに行くことはありません。なので、子育てで自分の思い通りにならなくても、ま、いっか精神でやっていかなければなりません。何もかも思い通りに行くのであれば子育てに苦労することはありませんよね。これからおこさんが立派に成長するためにも、そのことは忘れないようにしてください。そして、子育てを通してママさんもお子さんと一緒に成長していってくださいね。応援しています。辛くなった時には助けを求めることが一番大事です。何度も言うようですが、1人で抱え込まないようにしてください。

もし1人で抱え込んでしまったとしても、まわりに助け舟を出してくださいね。私はこんなにできていないんだ、なんて自分を責めないでください。ホルモンの関係でそういう気持ちになってしまうこともあると思います。

【出産前用意】里帰りをする方に向けてやること・すること10選まとめ!これから出産を控え、自分が生まれた実家に戻って子育てをしていく方に向けて、持っていて損はなかったものや、これが大変だったと言ったことを記...
おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA