本気でみんなに知ってほしいおすすめダイエットアプリ!

少しでも痩せたいという気持ちがあれば、以下2つとも本当におすすめなので、とりあえずインストールしてみて、自分に合う方を長く使ってみてください!

それぞれタイプが違うので、どちらかはきっと合うと思います。ちなみに私は両方使っています。

個人的に健康ダイエットの一歩として一押しなのが、『あすけん』です。

『あすけん』のおすすめポイントは、簡単に食事の登録をするだけで、カロリーが分かるところです。

写真に撮るだけでメニュー登録もできたりします↓

管理栄養士からのアドバイスも確認できる画期的な仕組みです。

しかも無料会員登録。

毎日の歩数も自動で取れますし、とにかくおすすめです。

ダイエットは目に見える形で把握することでモチベーションを保てますので、ぜひ試してみてください。

パソコン/スマホどちらでもできます↓

あすけんをみる

 

あとは『FiNC AIとダイエット』もおすすめです。

こちらは有名なので、実際にすでに使っているユーザーも多いでしょう。

「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリで、ランキング1位を獲得(※2018/12/3〜2019/1/13)してます。

ただし、スマホのみの対応なので、パソコンの方は使えません。パソコンの方は先ほど紹介した『あすけん』を試してみて下さい。

こちらも歩数や食事のデータの登録ができますが、さらに最先端AI(人工知能)トレーナーが付いてくれます。

なので、ジムに通わなくても、専属トレーナーが付いてくれるような感じなので、ジムに通って人に指導されたくない!といった方には特に向いていると思います。

こちらもぜひ一度試してみてください。

スマホだけ↓

FiNC AI(スマホ)をみる

会社

初めてテレワークを導入する際にぜひ使ってもらいたい進捗管理ツール4選!

働き方の多様化が進んでいますが、中でも注目度が高いのがテレワークです。

働く方にも雇う方にもメリットが多いテレワークですが、進捗管理がしにくいという問題点もあります。

スムーズな進捗管理を助けてくれるツールについて紹介をしていきます。

テレワークの成功は進捗管理が鍵!

決められた職場以外の場所で働くテレワークは柔軟な働きかができますが、進捗管理がしにくくなるのが課題です。何時どれくらい働いているのか、成果や相談、連絡事項などについてなどのやり取りができないと仕事やその評価に支障が出てしまいます。

進捗管理のツールにはさまざまなものがありますが、その中でも代表的なのがメールとチャットです。

メール

重要なことを伝えたり、長文のメッセージを伝えたりするのに便利です。
メールにはタイトルが付けられるので何の要件なのか、緊急なのかなども一目で分かります。
またメールは履歴が残るので信頼性も強いです。
ただし頻繁なコミュニケーションがやや取りにくい傾向があります。

チャット

チャットは短文のやり取りにとても便利です。
隙間時間でもチェックすることができるので、頻繁に気軽なやり取りができるでしょう。
ただしログの流れが早過ぎると見落としてしまうことも。
昨今のテレワークではチャットを基本としてメールや電話、タスク管理などの他のツールを組みあわせて進捗管理をしている場合が多いです。

テレワークに使うチャットの機能はコレに注目!

テレワークの進捗管理に置いてチャットはとても便利ですが、チャットならば何でもいいわけではもちろんありません。
ビジネス用のチャットはいくつかあり、それぞれ機能が違います。
管理しやすく使いやすいチャットの機能について知っておきましょう。

ステータス機能

テレワークの管理で重要なものの1つは就業中なのかそうでないかです。
たとえば「オンラインで連絡可能」「オンラインだけれど取り込み中なのですぐに連絡するのは困難」「オンラインですが連絡不可」「一時退席中」「乗務時間外」などを表示すれば、効率良く連絡を取ったり指示をしたりすることができます。
チャットによっては30分以上PC操作をしていない場合は一時退席中になるものもあり、ステータスの変更操作が不要なものもあります。

権限管理機能

複数の人がチャットを使う場合セキュリティを維持するために誰が度の情報にアクセスでき、設定を変更できるのかを明確にする必要があります。
チャットによって権限管理は細かく設定できるものもあればそうでないものもあるので企業の方針とあっているかをよく調べましょう。
あまりにも細かい権限管理機能があると使いにくくなる場合もあります。

データファイルの送受信と保存期間

チャットないでデータファイスの送受信ができるか否か、どれくらいのデータ量まで送れるか、保存期間はどれくらいかをチェックしましょう。
チャットの種類だけでなく、プランによっても変わってきます。

既読表示

チャットを開いたときに既読表示になるかどうかという点です。
既読表示が付く場合、連絡事項を相手が把握しているか否かが分かります。
しかし既読表示がついたこととメッセージを読んだことがイコールとは限りません。
さらに既読表示が付くことでユーザにプレッシャーがかかってしまう面もあります。

途中参加者の扱いについて

チャットグループに途中から参加した人がそれまでの履歴を読めるか否かという点です。
履歴を読める場合、過去の経緯を把握しやすいでしょう。
読めない場合は誰かがこれまでの経緯を途中参加者に伝えなければなりません。

他のツールとの連携

他のツールと連携をさせることができれば、そのチャットツールにない機能であっても使うことができ、より進捗管理がしやすくなるでしょう。
連携が出来ない場合、複雑な進捗管理ができなかったり、情報が分散してしまいやすくなったりします。

テレワークにおけるおすすめの進捗管理用ツール

テレワークで進捗管理をするのにおすすめのツールについて紹介をします。

チャットワーク

チャットワークはビジネス用に特化したチャットツールです。
LINEのような使い心地で気軽にコミュニケーションをとることができます。
既読機能が使いあの煮でメッセージを自分のタイミングで送信したり確認したりしやすいです。
絵文字やファイルの添付も可能なうえ、返信機能も付いているのでどのメッセージにたいするコメントなのかも分かりやすいでしょう。
タスク管理は一覧できるので把握しやすいです。

Slack(スラック)

Slackもビジテス用に特化したチャットツールです。
Slackの特徴は他のサービスと連携させて使うことができる点にあります。
タスク管理ツールや時間管理ツールなどと連携をさせればそのツールでの作業内容をSlackで見ることができるのです。
またカスタマイズ性もとても高く、オリジナルの絵文字を作ったりbotを利用したりすることもできます。
ファイルの送信や共有はもちろんのこと、扱っているファイルを一覧で見ることも可能です。
自由度の高い進捗管理ツールを求めている人に向いているでしょう。

TimeCrowd(タイムクラウド)

TimeCroudは時間管理に便利なツールです。
簡単な操作でチームメンバーの活動時間を把握することができます。
ワンクリックでスタート・ストップの操作ができるので簡単に時間管理が可能です。
リアルタイムでチームメンバーの作業を把握することができます。
他のツールと組み合わせて使うことでより一層進捗管理が正確に、そして便利になるでしょう。

Stock(ストック)

Stockはチャットツールの欠点であるログ流れを防いでくれる機能です。
Stockはチャットで流れてしまいがちな情報をノート形式で残すことができ、情報の分散を防ぐことができます。
とてもシンプルなツールなので進捗管理ツールに不慣れな人でもすぐに使うことができるでしょう。
コメント機能はノートのテーマごとなので余計なやり取りが生じにくいです。

進捗管理をしっかりしてテレワークを成功させよう!

テレワークが成功するかどうかは進捗管理ができるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。
メールだけでは頻繁なやり取りがしにくいのでチャットができるツールを必ず1つは使いましょう。

チャットツールにはさまざまなものがあります。
どんな使い方をしたいのか、どんな人が使うのかによって最適なツールは変わってくるので、機能の多さだけでなく使うシチュエーションを想像して吟味しましょう。

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おさらい】ダイエットのためのおすすめアプリ2つ紹介!

少しでも痩せたいという気持ちがあれば、以下2つとも本当におすすめなので、とりあえずインストールしてみて、自分に合う方を長く使ってみてください!

それぞれタイプが違うので、どちらかはきっと合うと思います。ちなみに私は両方使っています。

個人的に健康ダイエットの一歩として一押しなのが、『あすけん』です。

『あすけん』のおすすめポイントは、簡単に食事の登録をするだけで、カロリーが分かるところです。

写真に撮るだけでメニュー登録もできたりします↓

管理栄養士からのアドバイスも確認できる画期的な仕組みです。

しかも無料会員登録。

毎日の歩数も自動で取れますし、とにかくおすすめです。

ダイエットは目に見える形で把握することでモチベーションを保てますので、ぜひ試してみてください。

パソコン/スマホどちらでもできます↓

あすけんをみる

 

あとは『FiNC AIとダイエット』もおすすめです。

こちらは有名なので、実際にすでに使っているユーザーも多いでしょう。

「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリで、ランキング1位を獲得(※2018/12/3〜2019/1/13)してます。

ただし、スマホのみの対応なので、パソコンの方は使えません。パソコンの方は先ほど紹介した『あすけん』を試してみて下さい。

こちらも歩数や食事のデータの登録ができますが、さらに最先端AI(人工知能)トレーナーが付いてくれます。

なので、ジムに通わなくても、専属トレーナーが付いてくれるような感じなので、ジムに通って人に指導されたくない!といった方には特に向いていると思います。

こちらもぜひ一度試してみてください。

スマホだけ↓

FiNC AI(スマホ)をみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA