楽天お買い物マラソンで購入店舗数に比例して最大ポイント10倍!3/26の1:59まで。

ただいま楽天がキャンペーン中!楽天で他にも購入するものがある方は合わせて購入がおすすめです。

✔ 1店舗でポイント1倍

✔ 2店舗でポイント2倍

・・・

✔ 最大10店舗でポイント10倍!我が家も炊飯器を買います!

育児

庶民が紹介!6か月くらいの赤ちゃんの離乳食におすすめ6選!【生後半年】

今日は、6か月くらいのお子さんにおすすめしたい離乳食のおすすめをご紹介したいと思います。

著者の息子がちょうど6か月になり、いよいよ食べ始めたという感じの頃なので、初めての離乳食を与える方にはおすすめです。それでは早速行ってみましょう。

ちなみに6か月と書きましたが、5か月くらいでも大丈夫なお子さんもいらっしゃるかもしれません。おおよそという事で書きましたので参考までにしてください。

リンゴをすりすりして与えてみてください。

りんごはとても良い食べ物です。
特にリンゴをすり下ろして食べる方法は良く風邪の子供にもすることですよね。

赤ちゃんにとってはとても優しい食べ物ですし、すりおろした後の水分は100%果汁なのでとてもよい食べものですよ。

ポイントは、りんごはすぐに酸化をしてしまうので、食べる分だけ切ってその分だけをすりおろしてあげることです。余ってしまうとリンゴの色が変色してしまい、その分味も落ちますし美味しくなくなってしまいますから食べる分だけというのがポイントになります。

そして残ってしまったすりおろしリンゴは、とっておかないで食べてしまってください。あまり酸化したものを置いておくのも良くないです。ですのでなるべくなら早めに食べるという事を心がけると良いでしょう。

イチゴをつぶして与えてみてください。

イチゴはつぶしてから与えてみてください。少量を与えるのがポイントとなります。何をあげるのにも、少量からというのはとても大事です。そうしなければアナフィラキシーショックを起こしてしまうかもしれないからです。

様子を見ながら与えるというのはとても大事ですよ。知り合いに、アナフィラキシーショックを起こしてドクターヘリで運ばれてしまったお子さんがいますので十分気を付けてください。少量からはじめて見てくださいね。

イチゴはそこまで酸味も強くないので大丈夫かと思いますが、キウイフルーツなどのものはまだ与えない方が無難です。アナフィラキシーショックを起こしてからでは遅いのでしっかりとその辺りは考えながら与えていきましょう。

バナナを与えてみてください

バナナは果物の中でも王様と言われるほどとても素晴らしい果物です。沢山の栄養がつまっていますから、子供にとってもとてもよい食べ物になります。

特にバナナは6か月くらいの子供にとってもちょうどよい食べ物で、すりつぶしたりして細かくして口に与えてあげるとすぐに食べてくれます。

甘いのでもっともっと欲しいというようにせがんでくることもありますよ。ちなみに筆者の息子はバナナが一番の離乳食の時の好物でした。一番食べていたことと思います。

完熟したバナナで少し高いですが二百円くらいで売っている完熟バナナというものがあるので、それを食べさせると良いと思います。

他のものは下手をすると農薬が沢山か買ったものになってしまいますから、安いからと言ってむやみに与えるよりかはそういったものの方が良いかと思われます。

あまり気になさらない親御さんは良いのですが、やっぱり小さいお子さんの口に運ぶものですから少し慎重に行きたいものですよね。

完熟バナナというのが良いかと思いますよ。

お米を水をいれてグツグツしたものを与えてみてください。

これは離乳食の初歩的な与え方なのですが、これだけでは少し味が薄いので物足りないお子さんもいらっしゃるかもしれません。そういう時には、粉ミルクを少し含ませたおかゆにしてあげると喜んで食べることと思います。

お米と水だけでは本当に味がないので、少し味がないわと感じるようになってきているのであれば、おかゆの中に粉ミルクを含ませてあげるとたくさん食べてくれるようになります。

この時を付けてもらいたいのは、鍋を焦がさないようにしてもらいたいという事です。鍋を焦がしてしまうとその焦げが赤ちゃんが食べてしまう事になりかねませんから。こげはあまり良くないとされていますから気を付けてください。

ニンジンやジャガイモなどの固形物を蒸してマッシュ状態にして与えてみてください。

ニンジンやジャガイモは比較的普通の時にもたくさん使う事と思います。なので、普通の時に何かを作るときに子供の分は分けておいて、少量を蒸してあげてください。蒸してすりつぶしてあげるだけでも離乳食になるんですよね。

これはとても良いことですし、作る手間が省けますよ。何かを作ってあげるときに少しだけ離乳食のために取っておいてあげるんです。こうすることでとても楽に離乳食が作れるようになりますよ。

特にニンジンやジャガイモは簡単にすりつぶすことが出来るのでおすすめしたい食べ物になります。この野菜だけではやはり味がありませんから、なかなか受け付けてくれないの、というお子さんには上記にも書いたように、粉ミルクを含ませてあげると喜んで食べるようになります。粉ミルクは色々なことに活用できるので、まだ常備していないわというご家庭は一つは買っておいて良いと思います。

少し高いですが、その分沢山色々なことに使えるので重宝しますよ。試してみてくださいね。

飲み物をその都度あげてみてください。

上記にあげた離乳食をあげる際に、飲み物を忘れずにその都度あげてください。そうしなければ喉に突っかかってしまう事もおこりうるので、適宜上げていくことが大事です。その時には子供が好きな飲みやすい飲み物にしてあげることが優先的です。

例えば薬局などで売られているペットボトルに入っているリンゴジュースやモモのジュース、それから麦茶などから飲ませると良いでしょう。

母乳をあげながらでもいいですが少しずつ離れさせるには粉ミルクをあげてもいいですね。粉ミルクをあげるときには哺乳瓶を使いますが、哺乳瓶を嫌がるお子さんもいるかと思います。そういう時には、お椀に粉ミルクを入れて、サジで少しずつ口に含ませてみてください。そうすることでとても飲んでくれるようになります。

我が息子が哺乳瓶では飲んでくれなかったのでお椀に移してスプーンで飲ませたら飲んでくれるようになりましたよ。少し手間がかかりますが、飲まないよりかはいいと思うのでやってみてくださいね。

【0歳児から】母乳をあげてはいけないときに行うと良い対処法5選!きょうは、今回著者の家族が全員インフルエンザになった経験から母乳をあげることが出来ないときに行うと良い方法をお伝えします。 万が一...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した食べ物はどこにでも売られている食べ物なので、比較的買いやすいと思います。

なのでスーパーで安い時に買ってあげてください。
特に良いものを与えたいというお母さんも多いと思いますので、なるべくであれば価格よりも品質を見て買う事をおすすめします。

 

しかしそこまで余裕がないわという方もいらっしゃると思いますので、どなたでも買えるリーズナブルなものに絞っておすすめしてみました。

お金に余裕のある方はもっと色々なものが買えると思うので色々と代用できるかと思いますが庶民的なものをご紹介したつもりでいます。

そして、離乳食を与える時間帯なのですが、平日の昼間から与えるのが一番妥当です。
なぜなら、すぐに病院へ駈け込めますし何かあったときに対処がスムーズに行えるからです。もしこれが休日や深夜であったら、病院が開いていなくててんてこまい、というようになりかねません。ですから平日の昼間、というのがいいんです。

覚えておいてくださいね。これはあまり知られていないと思うので、覚えておくと良いと思いますよ。
皆さんの参考になれば幸いです。ぜひあげてみてくださいね。

【新生児向け】子育てママにオススメする赤ちゃん便利グッズ7選!0歳から出産して、毎日がバタバタであっという間に一日が過ぎてしまうママ、本当にお疲れ様です。 一日一日成長していく赤ちゃんを見て嬉しい反面...
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA