勉強

サーティファイのWEBクリエイターのエキスパートの勉強と合格基準について!

WEB業界は華やかなイメージがありますが、実際は厳しい世界です。

技術力が色々発表されるという事は、常に勉強をしていかなければなりません。またデザインを参考にし、常に流行りを抑えるという事も必要です。その割に、WEBクリエイターはそれ程報酬がいいとも言えません。

WEBの業界は数年前から変革に悩まされ現在に至ると言えます。

WEBクリエイターとは一体?

WEBクリエイターとは別の言い方だと、WEBデザイナーとも言えます。デザイナーと言うと、アニメの画像を書いていたりなんとなく絵描きを思い浮かべますが、勿論これらもデザイナーではあります。

バナーを作る際、ちょっとした画像を専門に取り扱う所謂素材屋さんと言われるのはその人達でしょう。ただWEBクリエイターはこうした、すでに作られた素材をどのようにして、WEBのデザインとして活かすのか?を主に考察しているポジションだと言えます。

絵描きと違う点

ロゴなどの作成などはイラストレーターやフォトショップなどでも作ったりします。しかしWEBクリエイターはHTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)を用いて、css(styleファイル)でページ全体を形作り、javascriptを使って様々なページの仕掛け、例えば、画像スライダーやクリックをすると何かが起こる。これをイベントハンドラーと言い方をしますが、近年ではjqueryやプラグインが発達しこれを屈指してページを見ている人を楽しませたり、商品を強調したりと様々な工夫を凝らしページ全体のクオリティーを高めるというのがおもにこのWEBクリエイターの役割となります。

ページ全体のcssによって形を作る事をワイヤフレームという言い方をしますが、家で言うと柱のような形でこの設計を担当するのもWEBクリエイターです。

HTMLとは?

HTMLはハイパーテキストマークアップランゲージの略になりますが、用意してもらうのは簡単で、俗にメモ帳でも出来るのです。しかし、文字コードの調整が出来ないため、一般にフリーのテキストファイル例えばテラパットなどがあります。フリーなので他のコンパイルなどのプログラムと違い、初期投資が安いのもこのWEBの勉強する上で有利な部分だと思います。

現在はHTML5というのが大きな流れになっています。宣言も以前の4.01から簡略化され<!DOCTYPE html>という宣言だけで済みます。以前は長ったらしい宣言文を書くか、コピペしなければなりませんでした楽になりました。これを<head><body>と書き、初心者はこの<body>をしっかり書くように訓練をする事になります。<>を先ほどから書いてますが、これをマークアップといい俗にタグ付けと言い方をします。<p>これをピータグといい恐らく勉強をし始めて始めの方に覚えるタグで、これは割合使う頻度が一番多いと思われるタグです。

このような感じで使います

<p>勉強は楽しい</p>

タグの終わりにはスラッシュを入れて、タグの終了地点を入れる事をしなければなりません。

PCが読み取った時、どこが終了か解らないと、後に設定するスタイルシートはずっとその部分を指定し続け、本来変えなくていい部分まで変更したり、色を塗ってしまったりします。

このようにタグ付けをする事で、色を付けたり協調させたりしてページ全体を表現豊かにするために、所謂目印になるようにタグ付けを行うのです。このマークアップこそが、ページの基礎となりこれに識別子(識別子 id csassなどをつけ名前を付ける事で、変化させるべき部分を指定する事が出来ます)をつけたりして、styleシートに反映していきます。

勉強は楽しい

タグの終わりにはスラッシュを入れて、タグの終了地点を入れる事をしなければなりません。PCが読み取った時、どこが終了か解らないと、後に設定するスタイルシートはずっとその部分を指定し続け、本来変えなくていい部分まで変更したり、色を塗ってしまったりします。このようにタグ付けをする事で、色を付けたり協調させたりしてページ全体を表現豊かにするために、所謂目印になるようにタグ付けを行うのです。このマークアップこそが、ページの基礎となりこれに識別子(識別子 id csassなどをつけ名前を付ける事で、変化させるべき部分を指定する事が出来ます)をつけたりして、styleシートに反映していきます。

重要な部分は要素で、これはブロック要素とインライン要素があります。こうした知識を練習や、経験からしっかり学びとりタグの特性を理解する事が重要となっていきます。技術が上達するとマニアックなタグも勉強するようになり、その独特の特性を理解する事で表現の幅も広がるのです。

styleシートとは?

マークアップが終わると、今度はスタイルシートです。スタイルシートはマークアップしたタグに、文字の大きさ、文字の種類、背景色、ページ全体の形、更に最近ではcss3がでてきて、javascriptが解らなくても簡単なハンドラーがここでできたりします。アニメーションの発達は、cssが出てきてかなりページ全体の表現力は豊かになったと言えます。この試験ではcss3ではなく、ページ全体を指定された通りに入力できるかどうかが試されます。例えばpタグの場合p{background-color:”000”;}と入力すると背景は黒になります。問題に書かれている通り、しっかり知識が充分であれば書く事が出来ますが、解らないと何のことをしようとしているのかも解りません。スタイルシートはページの柱の部分で極めて重要なプログラム要素となります。

サーティファイのWEBクリエイターの試験内容は?

サーティファイのWEBクリエイターの試験内容は、このHTMLとCSSを問題の通り解いていく事になります。これを合計60点以上で合格となります。試験には初級と上級とあり、初級は5700円、上級は7300円で受験する事が出来ます。上級問題は規定問題9問、自由問題がありWEBのソフトを使った場合と、テキストファイルで試験を行うとでは制限時間が違います。個人的な意見ではありますが、上級問題をチャレンジするのがお勧めです。

少し変わっている点として、スタイルを設定するにはタグに直接記述する方法と、タグの中に書く方法、javascriptで設定する方法、一番多いのが外部ファイルでスタイルシートで設定する方法とあります。

自由問題では、外部ファイルという一般的に多い手法なのですが、規定問題についてはに記述していきます。近年ではこのには色々書く事が多い為、ここにスタイルシートを記述すると膨大な量となり、見にくくなる為外部ファイルに分ける事が多いのですが、このテストではに書く事になっています。自由問題は結構時間がありますが、規定問題は時間との勝負となります。50分で9問と少ないように見えますが、作業としては数問あります。またリファレンスを見る事が出来ますが、これをいちいち見ているとすぐ時間となってしまいます。これに頼り切るという事は、スキルレベルが到達してないという目安になるでしょう。

厄介なのがフラッシュの問題です。4問めのフラッシュは確実に覚えなければなりません。余談ですが、スマートフォンにFLASHが使われなくなり、WEB業界ではこのソフトを使用する頻度が格段にすくなくなり、これを利用した画像スライダーは絶滅しつつあります。Javascriptやビデオタグの台頭で今はほとんど使われていない。しかし問題としては存在するのです。

サーティファイのWEBクリエイターの試験の意味

WEBの勉強をし、ある一定の目標として試験を受けるのがいいと思います。それが最初の段落となります。

WEBの企業に就職する際、なんといっても経験が問題視される事があります。しかし未経験から入る人は何か技術を証明する必要に駆られます。そこで作品は勿論のこと、こうした検定試験の合格証を取る事で有利になるという事はある一定度の効果があるとは思います。

しかし勘違いしてはならないのが、この試験を受けたら技術が充分だと考える事です。実はWEBの技術は本来、自分で考える事が重要なのです。試験は言われている事をそのままやるのです。つまり答えそして完成に至る事が解っているのです。しかし実際はwidth(幅)やheight(高さ)などどの程度開ければいいのかは、経験や自分のスキルで身に着けていくのです。この上にjavascriptやPHPと進んでいくと、マークアップにはなかった引数や変数が出てきます。

この業界は常に勉強が必要な業界と言えるでしょう。

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA