会社

作業療法士の仕事とは?理学療法士との違い。国家試験の合格率・勉強法も紹介!

作業療法士というリハビリの国家資格があります。その国家資格を取得するために勉強をしてきました。そして無事にその国家資格を取ることができました。その国家試験の勉強法を今回紹介をしていきたいと思います。

あと作業療法士という仕事についても紹介をしたいと思います。就職先や合格率、理学療法士との違いも説明をさせてもらいます。作業療法士になってからの勉強会の話もさせてもらいます。

作業療法士とは?

作業療法士の資格というのはどういうものか説明をしたいと思います。

作業療法士の資格を取得するには、指定の養成施設である大学や専門学校で3年以上専門知識を学ぶ必要があります。養成施設を卒業することで、国家試験の受験資格をもらうことができます。学校を卒業するだけではもらえる資格ではありません。資格がなければ作業療法士として働くことはできません。

作業療法士とは、身体や心に障害を持っている人や病気や怪我などで体を動かしにくくなった人、または動かせないといった人や精神的に落ち込んだ人に対して、リハビリやカウンセリングを通じて、日常生活を快適に過ごすことの出来るようにサポートしていく仕事になります。

作業療法士の「作業」とは、日常生活に必要な身体の動きのことで、家事や入浴、食事、着替え、排泄、などをする動作のことを言います。日常生活が送れるように作業の能力を回復させ、社会復帰を目標にしたります。動作だけでなく精神面のサポートもしていきます。

作業療法士の就職状況

作業療法士の求人はとても多いです。就職率はほぼ100パーセントです。医療機関だけではなく、福祉施設や介護施設、訪問リハビリテーションや教育機関なども求人を出しています。近年では障害児を支援する動きが活発であるため、社会生活に溶け込むための訓練を早期に行うようになっているため、その領域においても活躍しています。脳性麻痺などの身体障害はもちろんのこと、自閉症や学習障害、ADHDなども対象となります。実際私も以前は医療機関である病院で働いていたのですが、現在は放課後デイサービスという障害児のデイサービスで働いています。

そして、精神障害も作業療法士の仕事領域に含まれています。精神科は作業療法士の活躍の場になります。訪問看護として、点数も取ることができます。そのため作業療法士の活躍場所は、全国各地にあります。結婚をしてからも、子育てをしながらも活躍をすることができますし、子育て中の人もたくさん活躍をしています。旦那さんの転勤があっても、就職先を探すことは容易です。

作業療法士国家試験に受かった私の勉強法

作業療法士の国家試験は合格率は下がってきているとはいえ、70パーセントは超えています。そのため一緒に学校で勉強をしていた仲間はほとんど合格をしていることになります。

私の考えとしては、クラスのみんなよりも勉強量が少ないと感じる人は勉強をさらにした方がいいと思います。みんなと同じような勉強をしていれば受かることができると思います。

過去5年の国家試験の合格率を90パーセントまで上げてください。何度も同じ問題で間違えるようであれば、その分野が苦手なのが分かります。反対にずっと正答をしている問題はあえてしなくては、正答をすることができると思います。過去5年分の過去問で自分の苦手な分野、得意な分野を見つけることが重要になってきます。しっかりと自分のことを分かってください。過去問を解くことにより問題の傾向を掴むことができます。しっかりと問題の傾向を掴んで下さい。

作業療法士の国家試験に合格をしなければ就職をすることができません。国家試験は2月の下旬に行われます。就職活動は国家試験の前に行います。そのため、就職の内定をもらってから試験に挑む人がほとんどです。もし落ちてしまうと就職先に迷惑がかかります。その点もしっかりと考えると、勉強のやる気も変わってくるのではないかと思います。自分にプレッシャーをかけるというのもいいかもしれません。

理学療法士との違い

リハビリテーションに従事する仕事は、作業療法士だけではありません。理学療法士という仕事があります。理学療法士というのは、立ち上がる、起き上がる、歩く、寝返るなど、基本となる体の動作のリハビリテーションを行っています。

理学療法士の活躍の場は、医療・福祉分野が中心になってきます。しかし現在は高齢社会であるため健康推進や介護予防にも力を入れてきています。他にはスポーツ医学、スポーツトレーナーなどの分野にも広がり、これからも必要とされていく職業になっています。テニスで有名な大坂なおみさんのチームにも理学療法士の方はいます。

学校での勉強も違います。1年の頃はだいたい基礎分野なので同じですが、2年になると理学療法は「物理療法」「運動療法」などを学びます。作業療法は「心理学」や「高次脳機能障害」などを学ぶようになります。専門分野が違ってくるのです。国家試験も理学療法と作業療法は基礎分野は同じ問題が出ます。

 

有資格者の数としては、理学療法士の方が作業療法士よりも多いです。2倍近く差があります。男女比も差があります。理学療法士は男性の方が多く、作業療法士は女性の方が多いです。平均給与に関しては、大きな差というのは見られません。

作業療法士、理学療法士どちらにも言えることなのですが、リハビリ業界はチーム医療が基本となります。他のリハビリ職(言語聴覚士など)や看護師、医師ともしっかりとコミュニケーションを取らなければなりません。そういった意味では専門技術と協調性も求められます。

認定・専門作業療法士

作業療法士になってからもキャリアアップを行うことができます。作業療法士の教育制度としては、日本作業療法士協会が定めています。「新人教育プログラム」「認定作業療法士」と「専門作業療法士」などの制度が設けられています。これらは作業療法士に必要な基礎知識から教育・研究・管理運営などがあります。作業療法士としてのスキルアップが望めます。

認定作業療法士とは、「臨床実践能力」、「教育能力」、「研究能力」、「管理運営能力」が一定の水準以上であるものとされています。資格試験があり、それに合格をすることができれば認定作業療法士となることができます。

専門作業療法士にはいろんな種類があります。福祉用具、認知症、手外科、特別支援教育、高次脳機能障害、摂食嚥下、訪問、がん、があります。資格認定試験があり、それに合格をすることができれば専門作業療法士になることができます。

リハビリ業界は日々進化をしています。自分の意見だけではなく、人の意見を聞くことも重要です。勉強会へ行ったりして今のスタンダードを学ぶことも重要になります。是非とも興味のある分野の勉強会へは参加をしてほしいと思います。

さいごに

作業療法士という仕事はとてもやりがいのある仕事です。人に感謝をされる仕事というのは多くないと思います。作業療法士は人から感謝をされる仕事です。患者さんの笑顔が元気の源です。

作業療法士になるには勉強をたくさんしなければなりません。作業療法士になってからも勉強をたくさんしなければなりません。とても大変な仕事なのですが、この仕事をしていてよかったと思えます。

是非とも作業療法士になって、この気持ちを味わってほしいと思います。

作業療法士国家試験の合格率や勉強方法は?体験談も私は作業療法士という国家資格を持っています。 作業療法士の国家試験に合格するために勉強を頑張りました。私の体験記をここでは書かせて...
おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA