ダイエット

【体験談】散々失敗してたけど、とうとうダイエットが成功した!やり方・始め方紹介!

以前からダイエットをしたいと思っていたのですが、なかなかできませんでした。

楽して簡単に痩せられたらいいなと思っていたのですが、どの方法も成功しませんでした。

今回運動ダイエットをしました。

すると、ダイエットに成功をして今でも体型や体重をキープすることができています。

マラソン大会に2人でエントリーをしました

友達とランチに行ったときにダイエットの話になりました。そこで今までやってきたダイエット方法を話しました。

置き換えダイエットやメモリーダイエットなどしたという話をしましたが、継続がなかなか難しいという話になりました。

続けるというのは難しいという話にもなりました。

どうしたら痩せられるのか二人で考えたところ運動をしようという話になりました。

やっぱり痩せるのは運動が必要という結論になりました。継続させるには、一人では難しいのではないかという話になりました。

しかし私たちは同じ職場ではなく、休暇日も違います。仕事が終わる時間も全然違います。

そのため一緒に運動をするのはなかなか難しいので、マラソン大会に出ようという話になりました。

早速二人でマラソン大会が行われている日を調べました。

そして、二人の都合がいい日にエントリーをすることにしました。

2か月後のマラソン大会に向けて頑張ろうと決意!

3キロ、5キロ、クウォーター(10.55キロ)がありました。

簡単に走ることができる距離であれば練習をしないので、しっかりと運動をできる距離を走ろうということになりました。

そのためクウォーターにエントリーをしました。制限時間内にゴールできるように頑張って練習をしようと約束をしました。

ジムに入会をしました

私は仕事が終わるのが遅いため、仕事帰りに走ろうと思ったら暗いので危険です。

朝に走る時間は作るのが難しいというのが現状です。

休みの日だけでは制限時間内に走ることができる自信がありません。

そのため、ジムに入会をすることにしました。これで天候や時間帯に関係なく走ることができるようになりました。

ジムは当たり前ですが、お金がかかります。

月額費を支払うためもったいないという気持ちが働き、ジムに通い強制的にでも運動をするのではないかと考えました。

すると、私の考えは当たりました。見事にしっかりと通うことができました。

週に4回以上通うヘビーユーザーとなりました。

まずは、ランニングマシーンで1キロ7分ペースで20分からスタートしました。最初は、筋肉痛になりましたが、徐々にそれもなくなりました。

とてもしんどかったのですが、徐々に走ることができるようになりました。その後は時間を30分に延ばしたり、1キロ6分半に設定したりして頑張って運動をしました。

定期的にマラソン大会にエントリー

初めてのマラソン大会当日になりました。練習で5キロを35分以内で走ることができるようになりました。

10キロ1時間半という制限時間でした。

しっかりと練習をしたので、これで安心して走ることができると思いました。

友達と一緒に頑張ろうと話をしました。

コースは坂がとてもきつくて、辛かったのですが無事に私たちは1時間10分くらいでゴールをすることができました。

こんなに坂がきついとは思っていませんでしたが、練習を頑張ったので走ることができたと思います。

走り終わった後の爽快感が忘れられません。

とても気持ちがよかったです。

5キロを過ぎたくらいで、マラソン大会にエントリーをしたことを後悔しました。

でもリタイアをせずに走り切れてよかったです。

2か月ほど練習をして、体重が53キロから48キロまで落とすことができました。

このまま運動を続ければもっと体重を落とすことができるのではないかと思いました。

ジムには入会しているのでこのまま通い続けて、またマラソン大会にエントリーをしました。

走るだけでは飽きてしまう日もあります。

走り終わった後にジムのスタジオプログラムに参加をしました。

ヨガやエアロビなどをして、楽しく汗を流すことができます。とても気持ちがいいです。

楽しむというご褒美をあげるのもとてもいい刺激になりました。

フルマラソンに挑戦

定期的にマラソン大会にエントリーをして、マラソン大会の魅力にハマってしまいました。

走っているときは、とてもしんどくて辛いです。しかし走り終わった後の爽快感は最高です。

それを味わいたいので辛い思いをして走っています。

10キロでは物足りなくなってきました。ハーフマラソンに挑戦をしました。

最初のハーフマラソンは、制限時間内にゴールをすることができず、リタイアという悲しい結果になってしまいました。

この経験から悔しいという思いが強くなりきちんと筋力トレーニングをするようになりました。

今までは走るだけという方法だったのですが、しっかりと下肢・体幹の筋力トレーニングをするようにしました。

ジムには筋組成系というのがあります。しっかりと測定をして、自分の体に必要な筋肉を鍛えました。

そして、走る距離を増やしたりスピードアップをして頑張りました。るとハーフマラソンを制限時間内にゴールをすることができるようになりました。

ここまできたらフルマラソンを完走したいという気持ちが大きくなってきました。

名古屋ウイメンズマラソンにエントリーをしました。

見事に当選して、走る権利を得ることができました。

今までよりも練習をしっかりとしました。

7時間という制限時間ですが、不安でいっぱいでした。

当日になりました。

何度も心が折れそうになったのですが、見事に完走をすることができました。こんなに足が痛くなったのは初めてでした。

走り終えた後は涙が止まりませんでした。

ダイエット目的で走り始めて、10キロを走るだけでもとても辛かった私が、フルマラソンを完走できるようになるとは思いませんでした。今でも走り続けています。

走れるということにとても感謝をしています。

家族に言われた嬉しい一言

マラソンを始める前は53キロだった体重が2年後には45キロまで落とすことができました。

今はマラソンを始めてから3年が経過しているのですが、体重は45キロのままキープをすることができています。

家族から「痩せたな」と言われました。いつも一緒にいる家族に痩せたと言われたことがとても嬉しく思いました。

自分でも痩せたと思うところがあります。

昔の写真を見ていると、顔がパンパンです。顔が小さくなったと思うようになりました。

以前履いていたジーパンを大きくなってしまいました。嬉しい買い直しをしました。ワンピースがスッと入るようになったのも嬉しいです。

初対面の人に「細い」と言われるのもとても嬉しいです。以前の私は、言われたことはありませんでした。

しかしここ数年は初対面の人に「細い」や「スタイルがいい」と言ってもらうことができています。特にウエストの部分はかなり絞られています。メリハリのある体になったと思います。

楽して痩せるというのはなかなか困難です。

しっかりと運動をして体重を落として、気になる部分があるのであればその部分をしっかりと鍛えるのが大事だと分かりました。

体重をキープするにも苦労が必要です。今回私は自分の好きなことを見つけることができました。

ダイエットというと辛いイメージがありますが、自分の好きなことや楽しいことをしているだけなので辛くありません。

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA